療養病床に代わる、看取りが可能な介護施設を!
介護療養型医療施設(療養病床)に入院している人の受け入れ先がなく、やむなく長期入院になってしまっています。医療依存度が高いと更に受け入れ先は少なくなります。また、最期までお世話をする看取りを対象としている施設も多くはなく、療養病床の廃止は課題が多くありました。 今後、療養病床がどのように変革されていくのか観察が必要です。

看取りまで可能な施設を

人間は必ず死を迎えます。しかし、死を迎える場所は人それぞれで、場所としては自宅や病院、施設などが考えられます。私自身の意見として、現在では施設での看取りを希望している人も以前より多くなってきた印象があります。自宅を処分し、老人ホームや介護施設に入った方は、ホームが自宅になるので、生活してきたところで死を迎えたいと話される方が多いです。老人ホームでも看取りの対応をしているところもあればしていないところもあります。しかし、自宅を処分して入居するという人も少なくないのですから、看取り対応をできる施設を増やして欲しいところです。
療養病床に代わる、看取りが可能な介護施設を!についてのイラスト 私は何度も施設での看取りを経験していますが、介護スタッフは本人はもちろん家族も一緒に最期までケアをします。そしていつでも施設ではなく病院へ搬送もできるという選択肢を作り、家族が最期まで看取りに対して後悔しないように支援をしていきます。結果、今までの看取りをさせていただいたご家族は、悔いなく本人を看取ることができたとお話しされていました。

療養病床の今後

受け入れ先がなく廃止ができない療養病床。政府は廃止の方向にもっていくのであれば受け入れ可能な施設を増やすように働きかけるべきです。ただ、介護の人材は慢性的に不足しているので、人材を効果的に増やすことも課題です。また、医療との連携は不可欠です。療養病床に入院している間に家族に対して、自宅での介護について指導し、自信がついたら退院、その後も定期的なフォローアップをしていくことで自宅へ連れて帰るという気持ちになる家族もいるのではないでしょうか。
また、地域での医療フォローも大切であるといえるでしょう。もっと医師や看護師の負担を減らすことができないか検討しなければなりませんが、地域の医師が協力し合い、在宅での24時間の医療体制を確立することも在宅での介護のバックアップになるでしょう。

最後に

療養病床に限らず、介護業界では課題が山積みです。今後、さらに高齢化が進み、超高齢化社会に突入します。政府はもちろん介護業界で働く人たちも一緒に考えていきたいものです。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop