住む前に介護施設に見学!知っておきたいポイントとは?
介護施設への入居を検討した時、ほとんどの方が施設を見学し、十分に検討した上で利用する施設を決定されると思います。

では、どのようなポイントを理解しておけば後悔せずに済むのでしょうか?介護施設見学の際のポイントについて、よく理解しておきましょう。

見学時には必要なサービスは明確にしておこう

住む前に介護施設に見学!知っておきたいポイントとは?についてのイラスト 多くの場合、ご家族などが介護が必要となり、ケアマネージャーさんの紹介やインターネットで検索するなどして施設を探して選びます。

とはいえ、通所する、もしくは入居するとしても多種多様なものがあり、それらは目的に応じて選べるようになっています。

従って、その施設の特色をつかむことが大事になるのです。

よくあるのが、通所介護であまりリハビリに特化していないところへ行き、「リハビリ」をしてくれないと訴えたり、自分である程度できる方が集まる介護施設に入居したものの、認知症が進んで退所となった時に「追い出された」と訴えるなどです。

これらは事前にしっかりと理解していなければ後の祭りとなってしまいます。

まず見学の際に、どのようなサービスを利用する可能性があるのか、要介護者はどのようなサービスを希望しているのか。

また、サービス内容が自分の勘違いではなく本当に利用できるのかなど、要介護者の状況をしっかりと理解して、必要なサービスを取捨選択することが重要です。

実際に利用する方はポイントが違う

見学にくる時に、よく利用を予定している要介護者の方とそのご家族の方とが一緒にくることがありますが、ご家族の方は比較的”綺麗な施設で特浴など設備が充実しているか”など、設備面にポイントを置く傾向にあります。

しかし、実際に利用する方の意見としては、「今時の綺麗な建物は落ち着かない」など思われていることもあり、逆に古民家風の建物の方が家に近い印象で落ち着くという意見もあるようです。

また設備も新しいものは使いづらかったり、機械などに対して恐怖心を抱いてしまう場合もあります。

従って、ご家族の方は良かれと思っていることも利用する方にとってはあまり重視していないということもあるのです。

また、よく聞くのが、「若い職員ばっかりで不安だ」とか「ベテランの職員ばっかりだから大丈夫」とか職員構成を気にされる方もいます。

確かにベテランの職員は経験があり、利用される方にとって精神的な介護をするための人生経験も積んでおります。

しかし、若い職員は経験はありませんが、バイタリティーがあり、ベテラン職員では思いつかない介護のアイデアをいろいろ持っていることもあります。

要介護者の方にとってもどちらの方が接しやすいなどもあるでしょう。
重要なのは、利用する方本人の意見を尊重してあげるということです。

まとめ

介護施設を選ぶ際、見学をせずにそのまま入居させてしまったことによって様々な問題がのちのち生じてしまう可能性があります。

これらを防ぐために、日頃から要介護者とのコミュニケーションを積極的にとっておき、どのようなサービスを利用するのが最も適当なのかを話し合っておくことが大切なことです。


2016年8月6日 19:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop