災害弱者である高齢者を災害から守るには?
災害弱者という言葉を知っていますか?

災害弱者とは地震や水害など何か災害があった時に自力で避難が難しい高齢者や障害者、子供や女性などを対象としています。 東日本大震災の時にも津波で避難する際、この災害弱者と呼ばれる人たちの避難や誘導が遅れて尊い命が奪われてしまいました。

これからの日本はさらに少子高齢化が進みます。そのためこの災害弱者に該当する人も増えます。
その際にどうやって命を守ることができるのか今から考えなければなりません。

災害弱者とは

災害弱者である高齢者を災害から守るにはについてのイラスト 災害弱者は地震や水害など何かしらの災害があった際に自力での避難ができない高齢者や障害者、女性や子供などです。この方たちが災害と認識し、避難するということはとても労力が必要です。

また 要介護状態であれば避難する際に介助が必要です。 しかし避難するほどの災害の時は周りの人も自分の命を守るために必死です。そのような余裕がない状態で他の人の避難を手助けするということは難しいことです。

また避難だけではなく災害後の避難生活でも苦労してしまいます。

避難所は学校など公共施設が多く、バリアフリーであるところも少ないのではないでしょうか。
そうすると要介護状態の人や障害を持つ人にとってはとてもつらく苦労を強いられてしまう生活になってしまい、体調を崩してしまうなどの状況になってしまいます。

お互いに協力し合うことが大切

これからの時代、何かの災害があった時に高齢者同士で助け合う場面も増えてくるでしょう。

そのような時には早めの避難準備や誘導が必要になります。
災害時はどこでもパニックになり、冷静に誘導や避難ができる人は少ないでしょう。

しかし早め早めの行動を心がけ、お互いに声を掛け合うことで少し冷静さを取り戻すこともできます。 また地域での要救助者の一覧表の作成も必要と言えます。自治会長や民生委員など地域のまとめ役の人が持っていることで声かけや誘導が適切に行えます。

まとめ

昨夜、熊本県で震度7もある地震が発生しました。 この地震で経験してことは、きっと経験者の心の傷として残ってしまうと思われます。

しかし普通の生活を送ることで震災の被害のことや震災があったことの記憶も薄れていってしまいます。そうなるとまた災害に対する対策が後回しになってしまうでしょう。

決して準備をしているから安心なわけではありません。定期的な避難グッズの確認や避難経路の確認、連絡の取り方などをしっかりと確認しておきましょう。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop