催眠鎮静剤の怖い副作用…依存に国も注意喚起
催眠鎮静剤副作用として依存が挙げられます。
これは催眠鎮静剤などに含まれているベンゾジアゼピン受容体作動薬の副作用になります。

この成分は睡眠薬の他、抗不安薬にも含まれています。
これらの薬を長期間服用し、その後中断すると反跳性不眠と呼ばれるさらにひどい不眠状態になってしまいます。

こうしたことを予防するには医師がしっかりと副作用を理解し、漫然と処方しないようにすることが求められています。
また症状が緩和したという時には医師にしっかりと話をして漫然と内服し続けないようにすることが求められます。

依存の副作用が

催眠鎮静剤の怖い副作用…依存に国も注意喚起についてのイラスト ベンゾジアゼピン受容体作動薬には依存性があると国も注意喚起しています。

これは催眠作用や抗不安作用、筋弛緩作用などの効果があり、高齢者の多くが処方されている薬に含まれているものです。

またこの成分が含まれている薬を長期間内服することにより、依存性が高くなります。
併せて内服が不必要となった場合に中断すると、逆に飲み始めた時よりも不眠がひどくなる反跳性不眠という状態になってしまいます。

そのため中断する時には長期間かけて徐々に減薬していくことが必要になります。

高齢者は特に注意

高齢者は複数の診療科を受診し、複数の薬を処方されているケースが多くあります。

例えば内科で不眠や不安を訴え、抗不安薬を処方された後に整形外科で肩こりに対する薬を処方されるということがあります。

お薬手帳などにより医師が重複しないように処方をしてくれるといいのですが、どこの診療科で何の薬が処方されているのか分からない場合、同じような成分の薬を重複して内服するリスクがあります。

高齢者の場合、副作用が起こりやすいことがあり、さらにふらつきなどで転倒などのリスクが高くなるなど重複して内服することによりさらに重篤な副作用のリスクが高まってしまいます。

まとめ

眠れないという悩みで睡眠薬を処方されている方、肩こりなどで筋弛緩の効果がある薬を処方されている方も多くいるでしょう。

しかし症状が治まっても内服し続けるとその薬なしではいられない「依存」になってしまうリスクが高くなります。

そのため症状が緩和したら内服をやめるなど主治医と相談しながら内服するようにしましょう。
また、依存性が高い薬の場合、中断する場合には時間をかけていかなければなりません。

症状が悪化してしまうということも考えられますのでやはり長期間の服用にならないようにしていくようにしましょう。


2017年7月29日 17:00


  • 気になる介護ニュース
    アクセスランキング

    Sorry. No data so far.

    入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop