数ある高齢者施設の中からサ高住を選ぶ理由
サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)をご存知ですか? サ高住は民間の事業者が運営している高齢者向けの賃貸住宅です。都道府県の認可、登録を受けた施設で、主に自立、もしくは軽度の要介護状態の高齢者を対象にしています。

実はいろいろある介護施設

一口に介護施設といっても様々な形態の施設があります。それぞれに特徴があり、サービス提供の方法も違います。どういったものがあるのか、簡単に挙げてみます。

特別養護老人ホーム(特養)

特養は社会福祉法人や地方自治体が運営する公的施設です。要介護3以上という入所基準があります。終身入所が可能で生活全般において介護を行います。多くの入所者にとって「終の棲家」の存在といえます。入所待機者が多く、入所待ちでなかなか入所できないということが問題となっています。

介護老人保健施設(老健)

老健は医療法人や社会福祉法人が運営しています。医療ケアやリハビリを行うといった特徴があります。在宅復帰を目標としており、提供されるサービスもそれを目指したサービスになっています。3ヵ月ごとに退所か継続かの判定があります。長期の入所は難しくなっています。

介護付き有料老人ホーム

民間によって運営される介護施設です。受け入れる要介護の幅が広く、軽度の介護状態から重度の要介護の人まで利用しています。生活全般に対してサービスを提供しており、機能訓練指導員によるリハビリや生活相談員によるカウンセリングもあります。

住宅型有料老人ホーム

民間によって運営される介護施設です。介護の必要に応じて訪問介護や通所介護といった在宅サービスを利用します。一般に入居費が高いといわれています。

サ高住を選ぶメリット

数ある高齢者施設の中からサ高住を選ぶ理由についてのイラスト サ高住の居室は個室であり、安否確認はあるものの、プライバシーが守られています。各部屋に風呂が設置されているところもあります。サービスの選択肢が多く、例えば掃除を例にすると、自分でするのか、有料のサービスを利用するのか、または介護保険を利用して訪問介護の生活援助を使うのか、などです。 またあくまでも「住宅」なので、介護、医療に関しては外部サービスを利用することになりますが、自分にあった介護サービスや医療サービスを選ぶことができます。これまでのケアマネジャーを引き継ぐことも可能です。 サ高住によっては定額で介護サービスを提供するところもあり、そこでは介護福祉士などの介護スタッフが常駐して対応、援助を行ないます。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop