生活困窮者自立支援法とは?わかりやすくご紹介します!
平成27年4月から生活困窮者自立支援法が施行されました。
生活困窮者自立支援法とは何かしらの理由で働けない、収入がないなどの生活に困っている人を対象にしている法律です。

これらの対象者が働くことができるように支援をする、経済的に困っている子どもに対して支援をするなどが盛り込まれています。

わかりやすい表現をするなら経済的に困っている人が自立した生活を送ることができるよう支援をするということです。

生活困窮者自立支援法とは

生活困窮者自立支援法とは?わかりやすくご紹介します!についてのイラスト この法律では 主に経済的に困っている人を対象としています。

働いていれば収入を得ることができ、生活することができます。

しかし何らかの理由で働けなくなった場合には生活すらできなくなることもありますよね。

その時に支援しますよ、というのがこの法律なのです。

この法律で受けることができる支援とは

まずは生活に困っている人たちの相談を受けるところから始まります。
そしてその問題に合わせて解決する方法を一緒に考えていきます。

人との関わりが苦手で働くことができないという人には一定期間のプログラムを行い、働く能力を付けていきます。

また親の介護などで 普通に働くことが難しい場合にはその状態に合わせた就職ができるように支援をしていきます。

これらの就職支援の他にも住むところがない人への支援や生活に困っている人への家計へのアドバイス・各種貸付などの手続きなどの支援が受けられます。

このような人が受けている

支援を受けている人の中には介護をしていることで今までの仕事が続けられなくなってしまった介護離職の人も含まれています。

介護離職と親などの介護のために今までの仕事では時間が合わないなどの理由で仕事を続けることができなくなり離職をした人のことです。

この場合には収入がなくなってしまうため生活に困ってしまいます。

また地域から孤立してしまった人も相談窓口としてこの支援を利用することで孤立が解消され、社会との交流が図れるようになると考えられます。

まとめ

これからも高齢化社会が進んでいきます。

そのため、親の介護をする人が増えてくるでしょう。そうした場合にも離職することがないように柔軟な働き方ができるような制度を作るべきなのでは。

また企業によってまちまちな介護休暇に関しても統一でき、介護をしながらも今までの仕事を続けていけるようにすることが今後の課題になると考えられます。

これができれば、介護を理由としての経済的な困窮を防ぐことができると考えます。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop