女性必見!生活習慣は積み重ね。健康寿命を延ばす生活習慣とは?
生活習慣を正しいものにすることで健康寿命を延ばす、健康状態を良好にできるとされています。
特に女性の場合には男性よりも長寿でありながら健康寿命との差は12歳以上離れています。
健康寿命と寿命の差が大きければ介護を受けながら生活する期間が長くなってしまうことになります。
そして生き生きと暮らすことで人生を楽しむことができ、認知症の予防にもつながると言えますので、ぜひあなたの生活習慣を見直してみましょう。

日本の女性の平均寿命と健康寿命の差

日本女性は長寿です。
一方の健康寿命との差は12歳以上とされており、健康で長生きをしているというわけではないと言えます。
ちなみに健康寿命とは介護などを受けずに元気に自立した生活を送っている期間のことを指します。
寿命との差が大きければ大きいほど、誰かの手を借りながら生活をする期間が長いのです。

特に日本女性の場合は先進国の中でも長寿なのですが、健康寿命はそれほど長くありません。
そのため若い頃からしっかりと体づくりを行い、健康寿命と寿命の差を短くする必要があるのです。

生活習慣を見直すことが大切

まず健康寿命との差を短くするためには外見から若く見えるように心がけましょう。
見た目が若いと実際の年齢よりも若く見られ、人生を楽しむことができます。

また生活習慣の見直しもしてみましょう。
例えばお風呂のお湯の温度と浸かる時間ですが、ぬるま湯10分か42℃のお湯で5分だったらどちらが良いと思いますか?
これは42度のお湯に5分浸かるのがいいと言われています。
この温度により体の中にできる物質が傷ついた細胞を修復してくれる効果があるためです。

しかし寒いところから急に熱いお湯に浸かってしまうとヒートショックを越してしまうこともありますので注意が必要です。
そしてお酒は赤ワインを、枕は硬めのものを選ぶようにするのも健康寿命を長くするための秘訣と考えられています。

まとめ

女性ならアンチエイジングに敏感ではないでしょうか?
見た目を若々しくするだけではなく、内面も整えるために生活習慣を一度見直してみると良いかもしれません。

時間がある時にDVDを見ることもありますよね。
その時にはラブロマンスがおすすめです。
ときめく心を持ち続けるだけでも気持ちはもちろんですが、脳も若々しくなるそうです。

上記で紹介した生活習慣は今日からでも実践できそうなものばかりですよね。
ぜひ毎日の生活習慣を変えて、いつまでも若々しく元気に生活できるようにしていきましょう。


2017年11月15日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop