精神保健福祉士の仕事内容や役割はどんなこと?
精神保健福祉士という資格があるのをご存知でしょうか?
またその仕事内容や役割について知っていますか?

精神保健福祉士は心理や保健医療にもまたがる資格であり、精神疾患を抱えた方たちが適切なケアを受け、社会復帰できるようサポートをしています。

また精神疾患を抱えている人以外も対象としていることもあり、今後活躍が期待される資格になります。

精神保健福祉士とは何か?

精神保健福祉士の仕事内容や役割はどんなこと?についてのイラスト 精神保健福祉士という資格をご存知でしょうか?

あまり聞きなれない資格ではありますが、精神疾患を抱えている方が適切なケアを受け、社会復帰できるように支援するのが主な役割です。

また精神疾患を抱えている人だけではなく、心に悩みを抱えている方を対象に心理面からサポートをする役割もあり、今後活躍が期待されている資格になります。

働き先は病院が主なところになりますが、他にも地域の社会福祉センターなどでも活躍している方がいます。

また今後は精神疾患を抱えた人が罪を犯した後のサポートをする役割が期待されています。

罪を犯した後に刑務所で服役しますが、出所後のサポートが十分でなく行き先がないというケースに対して適切なサポートを受け、再犯防止をするということが精神保健福祉士の役割と言えます。

精神保健福祉士に期待されていることとは

精神保健福祉士は精神疾患を抱えている方や心理的に困っている方のサポートをする役割があります。

その他に期待されているのが、精神疾患を抱えている方たちが当たり前の権利を主張し、守るためのサポートです。

精神疾患に対しては今も根強く差別する傾向があります。

しかし同じように働く、同じように教育を受ける、医療サービスを受けるなどの権利がありますが、自分たちで主張することは難しいことが多いのが現状です。

そのためそうした権利を守るために一緒に動いていくことが精神保健福祉士に求められる役割として期待されています。

まとめ

うつ病などの精神疾患を抱えながら生活をしている方の数が多くなっています。

そのため精神保健福祉士のように精神支援の専門職は今後も社会的に期待されるものです。

しかし自分をしっかりと持つことができる人でなければ精神保健福祉士の役割を達成することができません。
主役は精神保健福祉士ではなく、サポートしている方たち本人になります。

そうしたことを理解し、安心して生活をしてもらえるようにサポートをするのが精神保健福祉士の役割でもあり、やりがいでもあります。


2017年10月5日 17:00


  • 気になる介護ニュース
    アクセスランキング

    Sorry. No data so far.

    入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop