精神疾患患者を理解する 地域連携の整備を進めよう
統合失調症やうつ病などの精神疾患でこれまでの治療方法では効果が表れず、入院が長期化してしまう患者を難治性精神疾患と言います。 この難治性精神疾患の方が新たな専門的な治療を行う事により地域生活に戻れる事例も少なくありません。

その為には精神科以外の他科連携や地域連携の整備を行う必要性があります。
この整備をすすめる事により期待出来る事とはどのようなものでしょうか?

地域連携の整備による効果は?

家族との連絡はこまめにについてのイラスト この必要性を考慮し、厚生労働省は難治性精神疾患の地域連携モデル事業を展開しました。

都道府県と指定都市、そして改正後新たに国立病院機構などの独立行政法人を事業主体に追加をして連携体制を整備する考えです。

専門的な治療を行える複数科のある医療機関とその後の地域社会に移行できるように医師、看護師、精神保健福祉士などさまざまな業種がそれぞれ連携をとっていく方向です。

これによりこれまで症状の変化がなかった患者さんにも明るい希望が見えるかもしれません。

精神疾患の患者のこれまでの状況

精神科病棟に入院中の患者さんの中には難治性精神疾患の方がおり、治療に効果が表れない為に入院が長期化している患者さんも多くあります。

入院が長期化することにより社会に復帰する機会を逃している人も少なくありません。その中で治療抵抗性統合失調治療薬などが新たに開発され、そのような専門的な治療を行う事で地域社会に移行する事が出来るようになった方もいるのです。

ですがこの専門的な治療には精神科だけで対応する事は難しく血液内科や麻酔科と連携をとる必要があるので緊急事態に対応することが出来ないという課題がありました。

まとめ

精神疾患は幻聴や幻覚など病を抱えている人でなければわからない想像を超えた辛さがあると思います。
また、それが人に伝わりにくい所もこの疾患の難しい所なのでしょう。

そしてなかなか理解してもらえないところから入院するまでに悪化し、入院も長期化してしまう悪循環もあると思います。長期の入院の為に大事な青春時代を病院で過ごす事になってしまったという話も聞きます。

もしこのような新たな専門的治療によって早く改善することが出来ればもっと社会に復帰する人は増えるのではないでしょうか?そして社会全体も偏見の目で見る事無く、地域のみんなで見守り迎えるような体制をもっと広げていく事が大事だと思います。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop