長引くと体にツラい咳…その原因について考える。
風邪を引いてしまいその後長引くととてもつらいですよね。

咳が1~2週間程度痛苦のであればそれほど心配はないのですが、それ以上続いてしまうと「何か重病なの!?」と不安を感じてしまいます。
1~2週間で収まらずそれ以上の期間長引く咳にはどのような原因があるのでしょうか。

もしかしたら風邪が原因ではないかも!?

長引くと体にツラい咳…その原因について考える。についてのイラスト 長引く咳…かなりつらいですよね。
風邪の症状は治まったはずなのに咳だけが長く続くこともあります。

1~2週間程度であればそれほど心配はいらないのですが、それ以上の期間咳が続く時には風邪以外の病気を疑い、受診をすることをお勧めします。

その際にはマイコプラズマ感染症や百日咳を疑いましょう。
またアレルギー性の咳のケースも最近増えてきています。


アレルギーの原因となる花粉やほこりなどのハウスダスト、犬や猫の毛などが咳を誘発し、そのアレルギー物質がある限り咳が続いてしまいます。

アレルギーが原因の場合にはもともとアトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎などを持っている方がなりやすいとされていますのでもし当てはまるようだったら一度検査をしてもらいましょう。

喫煙している人も咳が出やすい!!

喫煙をしている方の痰が絡んだような咳に関しては喫煙による慢性閉塞性肺疾患が考えられます。

喫煙により気管支や肺の細胞がダメージを受けることで起こるこの慢性閉塞性肺疾患は放っておくと24時間酸素吸入をする治療や、肺炎を起こすなどのリスクがあります。

慢性閉塞性肺疾患は以前、肺気腫や慢性気管支炎と呼ばれていた病気のことです。
喫煙者の15~20%にこの慢性閉塞性肺疾患があるとされていますが、未治療になっているケースも多くあると推測されています。

もし長年喫煙をしているという方で痰が絡んだような咳が長引くようであれば医師の診察を受けましょう。
禁煙をする意思も大切です。

たかが咳、と思わないで!

「咳が出るくらいだから大丈夫」と過信していると思わぬ病気が隠れていることもあります。
また内服している薬によっても乾いた咳が出るというものもあります。

何か食べ物や異物が喉に詰まっていて咳が出ているのかもしれません。

もし咳が1~2週間経っても良くならないという場合には医師の診察を受けて咳の原因を見つけてもらいましょう。
そして適切な治療を受けることで咳も改善します。

また何か病気が隠れている場合にはその治療も行うことができますので早めに受診をするようにしてください。


2016年12月25日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop