セルフネグレクトを医師とともに防ぐ!根本的な治療法はあるの?
セルフネグレクト治療法には何があるのでしょうか?

セルフネグレクトとは生活している環境や体調が悪化しているにも関わらず、対処をしない、周囲に助けを求めないことです。
近年問題になっているゴミ屋敷や孤独死の原因となっていると考えられています。

セルフネグレクトに陥る原因には様々なものがありますが、配偶者の死や自分の持つ病気など高齢者だけではなくどの年代でも起こりうることなのです。
セルフネグレクトの解消のためには早期の段階で医師などの専門職が関わることが有効です。

セルフネグレクトとは何か

セルフネグレクトを医師とともに防ぐ!根本的な治療法はあるの?についてのイラスト セルフネグレクトという言葉を耳にすることが多くなってきています。

また同時にゴミ屋敷や孤独死の報道も聞かれるのではないでしょうか。

セルフネグレクトとは、自分自身が生活している環境や体調の悪化があるにも関わらずそのことに対して対処しようとしない、周囲に助けを求めないということです。

配偶者の死、仕事などによる悩みなどから起こると考えられています。
高齢者に多いイメージがあると思いますが、実際はどの年代にも起こりうることなのです。

認知症によって正常な判断が行えずにセルフネグレクトになっていることもあり、今後の高齢化社会の進行に伴いさらに大きな問題となってくるとされています。

セルフネグレクトへの対処は早期の介入が必要

セルフネグレクトの状態がそのまま放置されてしまうと、ゴミ屋敷や孤独死が起こるリスクが高まります。
そのため早期に発見し、介入していくことが求められます。

セルフネグレクトに対してすぐに介入しなければならないのは認知や判断能力が低下しているケースです。
この判断には医師の力が必要です。

認知症かどうかなどの診断をしてすぐに専門医療につなげていくために医師や看護師の専門職の力が必要なのです。

高齢者にとって医師という存在は特別なものに感じることが多く、ケアマネジャーなどの介護関係職が訪問しても拒否してしまい介入が難しい事例でも医師の場合スッと介入できることがあります。

そのためにも地域の医師と介護専門職が協力し、早期にセルフネグレクトへの介入が求められるでしょう。

まとめ

セルフネグレクトは誰にでも起こりうることです。
もしかしたら地域でもセルフネグレクトに陥っている人がいるかもしれません。

そうした時に早期に発見でき、対処するには地域の人の力も大切です。

地域の方との関わりを持っている場合は早期に発見することができます。

少しでも「あの人最近見かけないな」「ゴミが溜まってきている…」などに気付いたら地域包括支援センターなどに相談しましょう。


2017年4月23日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop