都立高校改革!介護・保育の専門高開校へ社会的ニーズに対応
都立高校改革に向け来年度から3年間、都教育委員会が取り組む新実施計画案の概要が26日、公表された。社会的ニーズを反映し、介護・保育人材などを育成する「家庭・福祉高校」を新たに設置、工業高校の生徒が地元企業で長期訓練を行う「デュアルシステム科」を拡充する計画が示されるなど、生徒の社会的自立に向けた実践的な内容となった。共働き世帯の増加や、超高齢化社会の到来を見据えた対応。商業高校への進学希望者が減少傾向にあることから、よりニーズの高い教育内容に切り替える。

家庭・福祉高校の設立

現在の社会のニーズに応えるべく、保育士や介護福祉士になるのに必要な教養を身に付けるコース、調理師の資格取得を目指すコースを開校します。共働き世帯の増加や、超高齢化社会の到来に対応する為、現状的に商業高校への進学希望者が減少傾向です。よりニーズの高く実践的な教育内容に切り替えます。

世界的に活躍するグローバル人材の育成

都立高校改革介護・保育の専門高開校へ社会的ニーズに対応についてのイラスト 「国際高校」を新設し英語教育に力を入れた国際高校の応募倍率が急激に上がったことから、ニーズが高いと判断されます。日本人としてのアイデンティティを育み、 特色ある教育を更に充実させる。帰国生徒・外国人生徒の受入れを積極的に行い、国際色豊かな学習環境を実現させる。近い未来に向けて、専門家による継続的な指導が行われ、外国人との文化交流が出来る事を促進します。

定時制高校の見直し

夜間定時制課程を廃止し、不登校の経験を持つ生徒や中途退学者を受け入れる「チャレンジスクール」の定員を増員し受け皿となるようです。

外国人と文化交流する機会

2020年東京五輪・パラリンピックを見据えて社会で活躍できる人間を育成するとともに、日本伝統文化に関する授業や部活動を推進する学校が開設されます。また、進学指導重点校や中高一貫教育校等の中から英語教育推進校を指定し、研修や学習ソフトの導入などにより「聞く」「話す」を特化した教育、思案を盛り込みました。

まとめ

学校サイトでは「社会のニーズ」とどれもうたっています。また、全ての生徒の個々の能力を最大限に活かした教育を提供し、本人の希望・適性に応じた進学・就職につながるように学校づくりを徹底する。 今、昔からあった商業科などの必要性が減少し、新たな専門分野の高校が開校していきます。いつの時代にも起こることですが、現状今後も加速していくと思われます。国際的になり、長寿国日本の将来を担う若者の人材育成に未来を託す思いです。
参考元:産経ニュース


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop