潜在介護福祉士たち、眠っている人材を生かそう!
介護職の離職率が上昇し、慢性的な介護職不足が問題になっています。介護職自体は年々増えてはいるのですが、必要とされている人数には足りていないのが現状です。
そして介護関係の学校を卒業し、介護福祉士などの資格を持ちながらも働いていない潜在介護福祉士も増えています。

潜在介護福祉士、目覚めるとき!

潜在介護福祉士たち、眠っている人材を生かそう!についてのイラスト 潜在〇〇という名称をよく聞くようになりました。この潜在〇〇とは〇〇に当てはまる 資格を持ちながらもその資格を生かした仕事には就いていない人達を指します。

潜在介護福祉士の他、潜在看護師、潜在保育士などがあります。この潜在〇〇の人たちは最初からその仕事に就かないこともありますが、一回その仕事に就いて働いた時に仕事内容や待遇で離職してしまったケースもあります。

そしてそのまま資格を生かした仕事をせずに資格が眠った状態になってしまっているのです。 これらの貴重な人材を有効に活用するために政府がある対策を考えました。

その対策は離職などで介護福祉士の仕事から離れる時に名前や連絡先を登録し、求人情報などを得ることができるシステムの構築です。
これによって潜在介護福祉士を介護職の人材として活用できるようにしたいとの狙いがあります。

潜在〇〇を生かすためには

潜在〇〇の人たちは何かしらその資格を生かした仕事には対して不満などのマイナスな感情があるためにその仕事に就かないのではないでしょうか。

そのマイナス面をしっかりと聞き取り、解消していくことで資格を生かした仕事に対して働こうかなという気持ちになるのでは考えます。マイナス面は給与面、勤務体制などが挙げられます。
他にも何かしらのマイナス面があると思います。

それらのマイナス面を解消しなければ潜在〇〇を生かすことが出来ないでしょう。
まずは 働きたいと思えるような待遇にしなくては意味がないのではないでしょうか。

まとめ

潜在看〇〇は男性にもいると思いますが、女性の方が多いのではないでしょうか。
女性は結婚や出産によりライフスタイルが変化することが多いです。その変化のタイミングでの離職などでそのまま潜在になってしまうと考えられます。

また男性も介護福祉士であった場合、結婚や家族が増えた段階で給与面で生活への不安を感じ、介護福祉士を辞めてしまうこともあるでしょう。

介護福祉士だけを見たとしてもやはり男女共に若い時から継続してキャリアを詰めるようにキャリアパスなどを導入していくことが必要だと考えます。

いつまでも働いていけるように労働環境を整えていけるようにしたいものです。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop