市販薬は危険かも?気軽に市販薬を飲むのは危険です!
最近市販薬を内服ししたことで起こる副作用が注目されています。

今は頭痛や花粉症などの薬が手軽に手に入り、医師の診察を受けなくても症状を抑えることができるようになりました。

しかし逆に医師の指示がないまま自己判断で薬を選択し内服することでの危険もあり、薬による肝機能障害やアナフィラキシーなどの症状を引き起こしてしまうこともあり、注意が必要です。

市販の薬を安易に内服するのは危険

市販薬は危険かも?気軽に市販薬を飲むのは危険です!についてのイラスト 市販されている薬でも医師の診察を受けて処方される薬でも副作用は発生します。

「風邪を引いたみたいでのどが痛いし熱っぽい…」という症状を受けた時に、医師の診察を受けて処方される薬はのどの痛みや解熱剤など複数の薬を症状に合わせて処方されます。

しかし市販の風邪薬を内服する場合には一種類の薬ですべての症状を抑える効果のあるものが多いですよね。

ここに市販薬の危険があります。
服用する薬は1上でも、その薬に含まれている成分が、本来の 目的としている症状以外にも効果を発揮するため副作用が起こりやすくなります。

またインフルエンザの時には解熱剤を内服してはいけないということがあるのですが、医師の診断を受けないまま内服してしまうと重大なことになってしまうこともあります。

市販薬で起こる副作用とは

市販薬を内服したことで重篤な副作用を起こした女性についてテレビで放映されていました。

この女性は風邪症状を感じ、今までにも内服したことのあるない市販の風邪薬を内服したところ、風邪以外の症状が出てきました。

しかし確定診断まで時間がかかり最終的には副作用であるスティーブンス・ジョンソン症候群(SJS)であることが判明したのです。

このSJSは 皮膚や粘膜に壊死性の病変が起こるものです。
今までに鎮痛消炎剤や抗菌薬にて発症したとの報告がされています。

他にも肝機能障害や間質性肺炎などの副作用が起こることもあります。さらにアナフィラキシーも起こることがあり重篤な副作用が起こる危険はあるのです。

まとめ

忙しくても気軽に手に入る市販薬。
診察を受けるよりも費用も掛からず、何より時間もかからないことからついつい内服しがちなのですが、そこには副作用が起こるリスクもあるということを忘れないようにしなければなりません。

「今まで自分は副作用なんて起こっていないから大丈夫」と過信するのではなく何か症状が出たらまずは医師の診察を受けましょう。
そしてもし時間がなくどうしても市販薬を内服しなければならなければならない場合には内服後の体調をしっかりと観察します。

もしいつもと違う、出ていた症状と違う症状が出ているということに気付いたらすぐに受診しましょう。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop