身体拘束を余儀なくされる高齢者…どうすればいい?
高齢者が病院などで身体拘束をされてしまうことが多くあります。

病院では命を守る・病気を治すという医療的ケアが中心に行われているため、点滴を外そうとする、ベッドから落ちるかもしれないというような場合には身体拘束をしています。 

しかし身体拘束を行うことで病気やけがが治った後に今までよりも生活レベルが低下してしまう危険があります。
そのため身体拘束をせずに他のケアで安全に過ごすことができないか考えられています。

身体拘束とは

身体拘束を余儀なくされる高齢者…どうすればいい?についてのイラスト 点滴の針を抜かないようにミトン型の手袋をされている人やベッド柵に手を縛られている人を見たことがありませんか?

そのように 本人の意思に反して行動の制限をすることを身体拘束としています。

また言葉でも身体拘束になることもあります。

認知症で徘徊している人や帰宅欲求がある人に対して「そこにいてください」「立たないでください」という言葉がけは日常的にあります。

しかしこれは本人の行動を抑制しているため身体拘束になります。

身体拘束は原則的に虐待になるため行ってはいけないことです。

しかし病院で治療の妨げになる、自傷他害の危険がある、それらを身体拘束をする以外で対応することができないという場合のみ身体拘束をやむを得ず行っても良いとしているのですが、まだまだ理解されていないところもあり簡単に身体拘束を行っている施設があるのが事実です。

身体拘束はその人の生活レベルも低下させる

点滴を抜く、施設の中を歩き回る…

これらの行動は本人たちが 何も考えずにしているわけではなく、目的があって行うことです。

点滴であれば「痛い」と感じているのかもしれません。
歩き回るのも「家に帰りたい、○○がしたい」と思っているのかもしれません。

そこの思いを理解せずに「危険だから」という考えだけで安易に身体拘束をしてしまった場合、本人の意思を無視するという尊厳に反した動きになりますよね。

そして身体拘束をされることで動きに制限が出てくるということは今まで自分でできていたことができなくなることにもつながります。

トイレで排泄できていた人が身体拘束によりトイレに行けなくなってしまったらおむつへの排泄になってしまうことも考えられます。

まとめ

厚生労働省を始めとして身体拘束を廃止する方向で動いています。
しかし身体拘束に対しての知識がない、身体拘束をやむを得ず行う時の条件を知らないという人や施設もまだまだ多くあります。

そうしたところでは介護職員の手間や面倒さを考えて安易に身体拘束をしています。

そのような悪質な施設が無くなるように介護職や介護に関わる人たち、更には一般の人たちに向けて身体拘束廃止に対する意識付けが大切になります。

またもし介護施設などで身体拘束をされている家族がいるならば「これは本人の自由を奪っていることになる」と実情を知らせることも身体拘束廃止に向けた大切な動きになります。

これから不必要な身体拘束を受ける人たちが少しでも減るようにしていきたいものです。


2016年8月22日 12:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop