次世代の介護施設?小規模多機能型居宅介護の施設基準は?料金は?
小規模多機能型居宅介護という介護サービスがあります。

またこの小規模多機能型居宅介護では介護度の低い要支援の場合には利用料金が低く設定されており、逆に要介護の場合には高めに設定されています。

地域密着型のサービスであるため自宅から通う・泊まる・訪問を受けるという3種類のサービスを受けることができ、自宅から離れたくないという人に向けた位置づけになっています。

小規模多機能型居宅介護とは

次世代の介護施設?小規模多機能型居宅介護の施設基準は?料金は?についてのイラスト 小規模多機能型居宅介護は2006年4月から制度化されたものです。

今までは 介護が必要になった時に在宅か施設かという2択でした。

またこの小規模多機能型居宅介護は在宅で介護を受けながら暮らしていくことができるように制定された介護サービスです。

どのようなサービスが提供されているのかというと同じ建物の中に通いのデイサービス、泊まりのショートステイ、訪問の訪問介護が併設しているため、顔なじみのスタッフがこれらのサービスを提供しているものになります。

そして在宅で介護を受けながら生活をしている人が対象としています。

24時間365日家族が介護をするというのはとても大変なことですが、その一部をこの小規模多機能型居宅介護が支えることができます。

どのような人たちが利用しているのか

小規模多機能型居宅介護に関しては入所施設ではありません。

そのため、ショートステイで短期の宿泊をしている人はいますが、長期入所している人はいません。

またどちらかというと一人暮らしをしているが、足腰が弱ってしまって一人暮らしに不安がある、認知症の症状が出ているため一人にしておくのは不安、というような人の利用が多いとされています。

またこの小規模多機能型居宅介護は地域密着型のサービスであるため、 どの利用者も車で5~10分程度のところに自宅がある人たちです。

地域で暮らしている人たちがこのような介護を利用しながら家族の負担が少なく、在宅生活を送り続けることができるのがメリットとなります。

顔なじみの関係でのサービス

小規模多機能型居宅介護の特徴として通いも泊まりも訪問介護も同じ顔ぶれの介護職員が対応することが挙げられます。

これは自宅でもデイサービスでもショートステイでも同じように介護を受けることができ、自分に合った生活をすることが可能になると言えます。

また同じ顔触れの介護職員であれば安心して介護を受けることができます。
このように小規模多機能型居宅介護に関しては在宅生活に不安があるがこれからも家で暮らしていきたいと思っている人のためのサービスかもしれませんね。


2016年10月8日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop