歯周病を原因に脳卒中のリスクが!?原因菌を元から断つ方法は?
歯周病原因が脳卒中のリスクを高めるということをご存知ですか?
これは歯周病と脳卒中の関係を調査している大学の研究グループが発表したものです。

この調査では脳卒中患者とそうでない人の歯周病菌に対する抗体価を調べたところ、脂質異常症などがある人は歯周病菌への抗体価が高いという結果がもたらされています。

歯周病と脳卒中の関係とは

%歯周病を原因に脳卒中のリスクが!?原因菌を元から断つ方法は?についてのイラスト 歯周病がある人は脳卒中発症のリスクが高いという調査結果が発表されています。

歯周病は35歳以上の約8割が歯周病に罹っているとの発表もされています。

そのためこの調査結果から35歳以上の約8割が脳卒中のリスクを高めているとも言えます。

そもそも歯周病があるとなぜ脳卒中のリスクを高めてしまうのでしょうか。

歯周病は歯肉に炎症が起こる病気であり、健康であればそれほど問題視されない刺繍ポケットが深くなってしまいそこから歯周病菌などの病原菌が侵入、全身に回ってしまい血管などにダメージを与えてしまい、血管へのダメージが引き金となって脳卒中が起こっているとされています。

歯周病の予防

脳卒中などの病気を引き起こすリスクを高める歯周病。

予防するには定期的に歯医者での検診やメンテナンスが必要です。

「虫歯がなければ歯医者に行かなくてもいい」と思っている人が多いのが現状ですが、何も症状がなくても歯と歯肉の検診のために歯科へ受診することは大切なことです。

歯科では正しい歯磨きの仕方のレクチャーや歯周病の原因となる歯垢の除去を教えてくれます。
これらは歯周病の予防に高い効果をもたらします。

そして正しい歯磨きの方法を教えてもらうことができるのも歯科を受診するメリットです。

正しい歯磨きをしなければ歯垢が残ってしまい、そこから細菌繁殖が進行し歯周病になってしまうということも考えられます。

また、糖尿病の人は歯周病になるリスクが高いとされています。
よって糖尿病にならないような食生活を送ることも歯周病のリスクを低下させてくれると言えます。

まとめ

35歳以上の成人の8割が歯周病を持っています。

それは歯磨きがきちんとできていないことや予防的な歯科通院をしている人の割合が低いとも言えますよね。
自分自身で歯磨きがきちんとできていると思っていても実は磨き残しがあることも多いです。

歯周病にならないようにするためにまずは歯科受診をし、自分の口の中の状態を知るところから始めてみませんか?

そして正しい歯磨きの仕方を教わると共に定期的なメンテナンスを受けて健康な口で過ごしませんか?


2016年9月13日 15:00
 

  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop