舌が白い、黒い…舌の状態があなたの健康を表します!
歯みがきをしている時に白い黒いと変化に気付いたことはありませんか?
実は舌はあなたの健康状態を示してくれる役割を持っているのです。

風邪を引いたときには舌が赤っぽくなります。乾燥している時には舌がひび割れます。

こうした変化にいち早く気付き、健康管理に役立てるようにしていきましょう。
毎日歯みがきをする際には舌を「べー」っと出して観察してみることを意識していきましょう。

舌の変化で健康を知る

舌が白い、黒い…舌の状態があなたの健康を表します!についてのイラスト 今のように医療機器が発展していなかった時代、医師は触診や視診などの他に舌を観察する舌診を行い、診断をしていました。

もちろん今の時代でも舌を観察する舌診は行われています。

舌は表面が薄く粘膜でできているため、体調変化が表れやすいのです。

舌の色や舌の上にある舌苔の様子などを観察していきます。
観察をする時には同じ時間にすることを心がけましょう。

食後は食事の影響を受けていることがあり、正しい観察ができません。
朝の起床時に軽く口をゆすいでから観察しましょう。

健康的な舌は「淡いピンク色」「うっすらと白い舌苔が付いている」状態になります。

舌の変化で分かる健康状態

では具体的にどのような変化が舌に起こった時に体調の変化が分かるのでしょうか。

まずは舌苔の観察をしましょう。
広い舌苔がべったりと付着している時には胃腸が弱っている状態であるため、脂っぽいものを避けるようにしましょう。

また黄色い舌苔の時には口臭もひどくなります。
この舌苔の時には胃腸の最近バランスが崩れてしまっている状態であり、白い舌苔の時よりも体力が低下しています。

舌そのものの状態も観察しましょう。
赤くなっている場合には身体に熱がこもっている状態になります。

そのためお酒を控える、肉などの油っぽいものを避けるなどを意識していきましょう。

一方舌が青白くなっている時には血行が悪くなっており、身体が冷えている状態です。

冷房に当たり過ぎていることも考えられますので、湯船に入り、身体を温めるようにしましょう。

まとめ

それほど真剣に舌を見ることがなかったあなたも今日からは朝起きたら舌の状態を観察するようにして、自分の身体に何が起こっているのかを知るようにしましょう。

今の時期だとまだ身体を冷やすことを意識してしまいがちですが、舌を見て青白くなってしまっていたら冷え過ぎのサインです。

温かいものを摂る、冷房を弱めるなどして身体を冷やさないようにしていきましょう。


2017年9月22日 17:00


  • 気になる介護ニュース
    アクセスランキング

    Sorry. No data so far.

    入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop