室内熱中症はとても危険!室内でも要注意!
今回は、室内熱中症にならないようにするにはどのような対策を取るべきなのかをお伝えします。

最近夏日を記録するようになりました。
これから本格的に夏を迎え、熱中症で搬送される人も増えてくるでしょう。

熱中症は夏の暑い日に外で過ごしている人がなるものだけではありません。

室内熱中症が増えた理由とは

室内熱中症はとても危険!室内でも要注意!についてのイラスト ここ最近、室内熱中症になる人が急増しています。

それには熱中症に対する間違った意識が関係しています。

熱中症は外で過ごしている人に起こりやすいと思っている人が多いのではないでしょうか?
室内にいるから大丈夫と感じて対策をしない人は熱中症のリスクが高くなります。

また節電も意識されるようになり、エアコンを付けなかったり付けても最低限にしたり、扇風機を付けなかったり…特に高齢者に多いような気がします。

そのような 節電の意識が原因で、室内に熱がこもってしまうために熱中症のリスクになってしまうのです。

室内熱中症になる原因

室内にいると日陰でもあり涼しく感じますよね。

窓を開ける・扇風機を使用するなどで風通しが良ければ熱中症は防げるのですが締め切った部屋で過ごしている場合には室温がグッと上がり熱中症のリスクが上がります。

またのどが乾かないからと言って水分を取らないのも熱中症のリスクを高めてしまいます。

特に高齢者はのどの渇きを感じにくいために注意が必要です。
自分で訴えられないような乳幼児にも注意をしましょう。

夜間も注意!

夜間、寝る前にエアコンをタイマー設定する家庭が多いと思います。
またエアコンを付けているために閉め切った状態になっているでしょう。

しかしこの状態では、 エアコンのタイマーが切れた時に室温が上がり、知らず知らずのうちに熱中症になることもあります。

そして夜間は汗をかきやすい状態であり、身体の水分が失われやすい時です。

これらの条件が合わさり、夜間熱中症になると考えられます。

まとめ

これからの暑い日はビールがおいしくなりますよね。

キンキンに冷えたビールをお風呂上りにグッと飲む、これこそ夏の至福の時なのかもしれません。

しかしビールなどのアルコールには利尿作用があり、身体の水分を失いやすい状態にしてしまいます。

そのため寝ている間に汗をかくことと合わせて頻尿により水分不足を生じてしまうことになります。

寝る前のビールは身体が冷えて暑い夜には眠りに付きやすくなりますが、熱中症のリスクも高めることを意識して目が覚めたら水分を取るなどの対策をしてくださいね。
 

  • 気になる介護ニュース
    アクセスランキング

    Sorry. No data so far.

    入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop