障がいのある高齢者が受けることができる介護保険サービスを検討中!
障害を持つ高齢者が今まで利用していた障害福祉サービス事業所で介護保険サービスを利用することができるように厚生労働省が検討を始めました。
現行の障害福祉サービスは65歳を迎えると介護保険サービスを優先的に利用することになり、サービス提供事業所を変更しなければなりません。

しかし慣れた事業所での継続したサービスを求める声が上がっていることが今回の検討の背景にあります。

現行では65歳以上の障害者は介護保険サービスを優先に

障がいのある高齢者が受けることができる介護保険サービスを検討中!についてのイラスト 障害を持つ高齢者は65歳になっても障害を持っています。

そのため高齢になる前から障害福祉サービスを利用して生活を送っています。

しかし65歳になると今まで受けていた障害福祉サービスを受けることができず、介護保険サービスとして受けることになります。

そのため障害福祉サービスの時よりも料金負担が多くなることやサービス提供の回数や時間などが減少してしまうまたはサービス自体が受けられなくなってしまうという問題を抱えています。

例えば生活援助を受けながら一人暮らしをしている障害者の場合、今までは障害福祉サービスとして生活援助を週4回受けていましたが、65歳になった時には介護保険サービスの対象となってしまうために生活援助が週3回になり、更には提供時間も減少してしてしまうという状況に置かれてしまうのです。

障害福祉サービス提供事業所で介護保険サービスを提供できるように

上記のことを踏まえ、厚生労働省では「共生型サービス」の確立を目指しています。

共生型サービスとは障害福祉サービスの提供を受けた65歳以上の高齢者は介護保険サービスの給付対象とするということです。

また障害福祉サービス提供事業所が介護保険サービス提供事業所として指定を受けやすくすることも盛り込まれています。

対象となるサービスは訪問介護・デイサービス・ショートステイです。

このことが実現すると今までは65歳になると慣れた障害福祉サービス事業所からのサービスを受けることができなかったのが継続して提供を受けることができるようになります。    

まとめ

現状の障害福祉サービス制度と介護保険サービス制度では、障害を持つ人たちが安心して生活できない環境を作り上げているような気がします。

特に通いなれた事業所や慣れたスタッフとの関わりが失われ、新たに介護保険サービス事業所と一から信頼関係を作るのは容易でありません。

今回厚生労働省が検討している共生型サービスが実現すると、障害を持つ人たちが65歳を迎えても安心して生活することができるようになるのではないでしょうか。

65歳以上の高齢者だからとひとくくりで考えるのではなく、障害を持つ高齢者もそうでない高齢者も同じように安心して暮らすことができる環境を作り上げていきたいですよね。


2016年9月26日 12:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop