立ちはだかる小1の壁 学童保育への参入
小1の壁…という言葉をご存知でしょうか?

ある企業が小1の壁対策に学童保育事業を開始しました。 地域に貢献し、地域の未来を担う子供たちの教育を支えたいというのが目的とのこと。
今、共働きの家庭が増えており学校が終わった後に家で一人になってしまう子供が多くいます学校から直接学童保育に行くことで友達と楽しく過ごせること、働く親も居場所が分かり安心できることで学童保育は人気です。  

小1の壁

立ちはだかる小1の壁 学童保育への参入についてのイラスト 「小1の壁」という言葉を知っていますか?これは保育園を卒園し小学校に入学した時に下校後の預かり先がなく親が仕事を続けにくくなることを意味しています。

保育園に在園中は親が迎えに来るまで保育園で過ごすことができていました。
しかし保育園を卒園氏、小学校に入学すると授業が終わった後に一人で留守番をすることになります。

そうなると子供も一人で不安ですし、親も同じように心配です。

そう考えた時に下校後に安心して過ごすことができる学童保育というシステムは働く親にとってとてもありがたいものなのです。

核家族・共働き世代の増加

少子高齢化が進み、核家族が増加しています。
また女性が活躍できる場も増えてきており、共働きの家庭も多くなりました。

さらに男性と同じように活躍する女性も多くなってきています。そうした中小1の壁はとても大きなものとなってしまうのです。

また学童保育の数は不足しています。
以前は市町村などが中心となって学童保育を行ってきましたが今は民間の企業なども参入しています。

これからもニーズは高まるので様々な業界から参入してくるでしょう。

まとめ

介護を行う企業が学童保育に参入してくるケースもあります。
デイサービスや介護施設に学童保育を併設すると小学校から下校してくるときに誰かが必ず「おかえり」と迎えてくれる温かい雰囲気の学童保育ができると考えます。

また自然と高齢者との交流をし、高齢者を大切にする気持ちを持つことができるような学校とは違う体験もできるのも大きな強みになるでしょう。

女性が多く活躍する業種の中でもトップクラスの介護業界。
子育てをしながらでも安心して働くことができるようになれば今よりも介護職の人材は増えるかもしれません。

そしてもし自分の働くところに学童保育ができたら自分の働く姿を見せることで子供にとっても介護を身近に感じ、何か介護に対する気持ちが良い方向へ変わってくれるかもしれません。

これからも少子高齢化で介護職は不足します。未来の介護職のためにも学童保育を併設している企業が増えるといいですよね。


2016年7月10日 12:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop