介護の仕事が辞めたい…そう思う前にやりがいについても考えてみませんか?
介護仕事辞めたいと思っている時に思い出してほしいのが介護の仕事のやりがいです。

介護の仕事をしている時に「もう辞めたい」と思って辞めることは簡単です。
しかし辞めるまでにどのくらいの頑張りをしてきたのでしょうか。

きっと介護をしている中で高齢者などから何か嬉しいことをもらっていないですか?
そうしたことを思い出しながらもう一度介護の仕事のやりがいを考えてみて下さい。

介護の仕事を辞めたいと思ったとき

介護の仕事が辞めたい…そう思う前にやりがいについても考えてみませんか?についてのイラスト 介護の仕事に入った時、どんな気持ちでしたか?
「介護の仕事がしたい」とはっきりと感じている人、「介護の仕事ならできそうだ」と思って入った人、人それぞれ思いは異なります。

しかし仕事をしてきた中できついこともたくさんありますが、逆に嬉しかったことなどはありませんか?

例えば夜勤をしている時に入所している方に「今日はあなたが担当で良かった」と言われただけでもうれしくなります。
また「ありがとう」と言われたこともうれしさを感じることになるのではないでしょうか。

そうした嬉しかったことなどが少しはありますよね。
そのことを思い出し、もう少し踏ん張ってみてもいいかもしれません。

家族にとっても介護職は励みになる

また在宅で介護をしている家族にとって介護は24時間365日休みがありません。
そのため介護サービスのために自宅を訪問してきてくれる介護職の存在はとても励みになります。

24時間介護をしている中で介護職が来たときは唯一休むことができる、自分だけの時間を取ることができる時になります。
また介護職と何か話をしているだけでもストレス解消になるという家族も多くいます。


そうした人たちの励みになっていることも介護職のやりがいの1つになりませんか?
そして介護職が自宅で介護をしている家族に対して「いつもきれいにしていますね」などの声をかけるだけで家族は「自分のやっている介護は間違っていない」と自信を持つことができます。

まとめ

人間関係や介護の仕事そのものがきつくて辞めたいと思っている介護職の方、多くいますよね。
その辞めたいと思っている人にやりがいなどを思い出して辞めないでくださいというのも酷なような気がします。

しかし辞めるという選択肢が出てきたときには一度今までの介護の仕事を思い出してください。

そして介護の仕事が嫌いで辞めるのではないのであればぜひまた介護職として働いて欲しいなと思います。


2016年11月24日 12:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop