深刻化する介護業界の人員不足は解消されるのか?
超高齢化社会を迎えた日本で、介護施設やデイサービスが必要な家族との生活について考えて参りましたが、家族の介護度によっては家族や本人が望む介護をすることができないこともあり、一概にどの施設があっているということも言えないでしょう。今回、現在の日本が抱える問題=介護業界の人材不足についてお話しします。

介護業界で働く者として

深刻化する介護業界の人員不足は解消されるのか?についてのイラスト まず、介護職員として働いている自分の意見を述べさせて頂きたいと思います。世間からの介護業界とは、悲しいですが底辺の業界と言われています。やはり汚物処理、認知症を相手にすることに対して、嫌がる人が多いのが実情でしょう。お給料も一人暮らしをするにはぎりぎりな金額なところが多いです。施設側も雇いたくても介護報酬が下がり、利用者から満足してもらう為のサービスを考え、利益も生み出さなくてはいけないとなると、施設側を責めるだけではいけないのではないか、と思っております。こればかりは、国の高齢社会への理解が必要であるかと思います。

人材不足で施設は増やせない

以前、国家が施設への入居を希望しているが、待機の高齢者が多いことを懸念し、施設の増設を謳っておりました。国家なりにこの高齢社会を考えて下さったんだと思っております。しかし、他業種に比べて断然多い介護業界なのに、今までも人材不足や環境のストレスをわかることができず、虐待事件に繋げているのです。これ以上、スタッフ育成管理もままならないまま施設を増やしても、虐待事件、防げたはずの転倒・怪我などが続いてしまうと思います。引きこもりの若者、働いても社員ではなくアルバイト勤務をしている者、働くより犯罪を犯し、刑務所へいくことを選ぶ人も多くなってしまいました。働くより、刑務所での生活、なんとか生活保護を貰おうとしている人もいるから、難しい時代ですね。

介護報酬を上げ、給料を上げることが大切

ボランティアとして介護を学ぶことも大切ですが、ボランティアだけでは生活はしていけません。一定の給料と休日を確保することで、職員のストレスが軽減し、人材確保、そして人材増加に繋がるのだと思っております。介護職員が100万人足らないと言われている2025年に向けて、介護現場・介護の環境を良くすることはできないのではないかと思っています。介護の現場に明るい未来はないと悲観するのではなく、どうしたら、介護を身近に考えて貰えるのか、最初はボランティアでもアルバイトでも介護職員として働きたいと思って貰えるような環境作り、ネット社会を活用してできることは沢山あると思います。世代を問わずに明るい未来を作る為にできることを、今、行ってみるべきではないでしょうか。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop