施設費は払えない…在宅でも診れない場合を考えて
高齢者が何とか一人で生活できていたのが、病気や怪我で入院した場合退院後に介護が必要な状態になることがあります。また、怪我などの場合は体の機能が不自由になったりもします。その場合考えられるのが介護施設です。でも、施設に入所しようにも高額なため入所が困難となった場合はどうすればよいでしょう? その場合は在宅介護となります。しかし在宅介護はとても問題があり介護保険を使っても、家族には大きな負担がのしかかります。それではどうすればいいのでしょうか?

在宅介護の場合

施設費は払えない…在宅でも診れない場合を考えてについてのイラスト 日常生活においてどんなことが出来て、どんなことが困難になってしまったのかを見極めることからです。足りないこと、出来ないことの補足を考える事から始めます。そしてケアマネージャーと相談するところからです。今までの生活には必要でなくても、今後の在宅生活に必要な物の購入やヘルパー利用の検討などをします。ただし、この場合も家族が身近にあり協力できるという条件のものです。また、介護のために家族が離職しないといけない場合なども考えられます。そうすると減収となってしまい、それだけでなく、終日介護となると家族のストレスも増加します。このような場合も、介護サービスの利用などの検討で乗り越えることも視野の中に入れておいてください。

施設入所の場合

施設も様々な種類があります。その際、問題になるのが費用です。10万円以下となると、特別養護老人ホーム・老人保健施設が挙げられますが、なかなか入所には厳しい条件や入居待ちなどの問題があります。その他では、有料老人ホーム・グループホームがありますが、とても10万円では難しいといえるでしょう。サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)でも、その対象の施設となると、少ない数になるかもしれません。また、本人の状態などから入所先を選ぶことも必要です。本人の体調が悪い場合は、医療療養型病院もありますが、こちらは医療が目的ですので、本人の状態が国の定める条件を満たさなければ入所出来ません。ただし、こちらの場合は安価となる場合もあります。

最後の手段として・・・

本人が生活保護の受給者となるという方法もあります。こちらの場合は各施設に受け入れ体制があるのかの確認が必要です。生活保護受給者の受け入れ施設は多いとはいえませんが、探せばあります。また、生活保護制度は家族が扶養できる場合は認められませんので、そちらも踏まえてご検討ください。

まとめ

在宅介護が困難な場合の施設選択も、金銭問題が大きくのしかかってしまいます。様々な問題を全て解決することは難しいですが、家族での話し合いの中から、出来るものを選択するしかありません。丸投げであれも駄目、これも駄目と言っていては先の方法も見つかりません。相談できる窓口に行き最善の策を考えてみましょう。
参考元:マイナビニュース


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop