施設の入居指針を変更?必要なひとのために・・・。
特別養護老人ホーム(特養)における施設入居について原則要介護3以上が対象となると平成27年3月に介護保険法が改正されました。

しかしこの特養の入居に関しての指針は要介護度や認知症の症状の程度、介護する家族の状況などを点数化して点数が高い人から入居をしていくようになっています。

今の指針では痰の吸引や経管栄養などの医療的ケアの必要性は加味されていないため、同じ介護度、同じ家族の状況でも入居を必要とする人が漏れてしまうことも考えられます。

こうしたことがないように入居の指針を検討し直す必要があるとされています。

現在の入居指針の問題点とは

施設の入退居指針を変更?必要なひとのために・・・。についてのイラスト 現在の入居指針では要介護度を始め、家族の状況、認知症の有無を 点数化して高い点数の希望者から入居をしていきます。

確かに点数化すると入居審査委員の余計な感情が入らず公平に入居審査が行えます。

しかし、これらの項目だけで本当に施設に入居する必要があるかどうかが判定できるかは微妙なところのような気がします。

現行の指針で加味されていないのが医療的ケアの部分です。
要介護度が高く、在宅で生活している人の中には頻回な痰の吸引を行っている、経管栄養を行っている要介護者も少なくありません。

これらは訪問看護を利用している場合もありますが、介護をしている家族が担っていることも多いです。

このケアは24時間休まることがないものです。
特に痰の吸引は窒息するリスクも高くなるため、気が休まることもないでしょう。

そうしたケアのことが加味されていない現行の指針には問題があります。

どう指針を変えていくのが良いのか

現行の指針と合わせて組み入れるべきことは先述した医療的ケアの有無があります。

医療的ケアを行っている家族の負担は大きく、介護者の身体的・精神的な負担にもつながります。

そうしたことを施設に入居することで解消し、 家族の生活の負担を減らすことも大切な意味を持ちます。

また、虐待を受けている・受けているかもしれないという場合にも入居を急ぐ必要があります。

虐待を受けるということは要介護者の生命の危険にもつながります。
さらに虐待をする介護者にも必要な支援があるでしょう。

在宅介護ではしばしば虐待による事件や介護殺人などの事件が起こります。
こうしたことを未然に防ぐにはやはり施設への入居も必要なことになるでしょう。

まとめ

特養などの入居指針。
平成27年度の介護保険改正で原則要介護3以上が対象とされたことはこれからの介護保険を維持していくためにも必要なことかもしれません。

しかし現行の指針のように要介護度や家族の状況、認知症の症状の有無だけではなく介護者の負担が大きい医療的ケアも含めて検討していく必要があるでしょう。

そして本当に必要な人が特養などの施設に入居できるように見直しを図るとともに入居できずに在宅介護になる場合にも必要な支援が受けられ介護者の負担が軽減できるような仕組みを作り上げて欲しいと感じました。


2016年6月24日 12:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop