歯周病は原因菌、キスでも感染してしまうのか?
歯周病原因菌歯石などの中にいる細菌です。
そのため歯周病の原因菌を持っている方が恋人や子供に対してキスをするとその原因菌が感染してしまい、虫歯や歯周病を引き起こしてしまうため、注意が必要です。

歯周病は適切な治療や正しい歯磨きなどのセルフケアを行っていくことで改善される病気です。
悪化してしまい歯が抜けてしまうということを防ぐためにも定期的に歯科でのメンテナンスを受けることをお勧めします。

歯周病とは

歯周病は原因菌、キスでも感染してしまうのか?についてのイラスト 歯周病とは細菌感染が原因で起こる口の中の病気です。

原因菌に感染してしまうと歯肉が炎症を引き起こしてしまい、徐々に歯を支えている歯槽骨が溶けてしまいます。

そして最終的には歯が抜け落ちてしまうのです。

歯磨きをする時に歯肉から出血する、口の中のねばつきや口臭が気になる、食べ物が挟まるようになってきたなどの症状がある場合には歯周病になっている可能性がありますので歯科を受診し、チェックしてもらいましょう。

また歯周病は成人の8割がかかっているとされています。
そして子供たちの感染率も上がってきているとされており、国民全体が注意していかなければならない病気なのです。

歯石が取り除けていないなどの理由で歯周病になるのですが、歯周病になっている人からのキスでも感染させることがありますので注意が必要です。

歯周病の治療は?

歯周病になってしまった場合の治療はどのように行われるのでしょうか。
歯周病の進行の程度にもよりますが、歯肉と歯の間のポケットの深さのチェックやレントゲン検査などを実施し、治療を始めていきます。

軽度の場合には歯肉と歯の間のポケットにある歯石を取り除く治療を行っていきます。

中程度の場合には炎症を起こしている歯肉を取り除く歯周ポケット掻爬術、重度の場合には歯肉を切開し、歯根に付着している歯石などを取り除くフラップ手術を行います。

そして大切なのは正しいブラッシングです。
歯科に行くと歯科衛生士がブラッシングの方法を教えてくれますよね。


その方法を自宅でも行うことで歯石が残りにくく、きれいな歯肉を保つことができるのです。

定期的な検診と正しいセルフケアを

歯科へ受診することに対して抵抗を感じている方も少なくないでしょう。
「歯が痛くないのに歯科には行きたくない」と思っている方も多いですよね。

しかし虫歯がない時でも定期的に歯科を受診し、検診を受けることで口の中をきれいに保つことができるのです。

また歯周病になってしまうと歯を失うことにもなり兼ねません。
そのため正しいブラッシング方法を身に付けて毎日のケアを行うことで年を重ねても自分の歯で食べるということを続けることができるのです。


2017年1月28日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop