歯周病を予防するチェックポイントは?
歯周病に罹っている人が多くなっています。
歯周病を予防するポイントには何があるのでしょうか。

歯周病は進行するにつれて、健康な歯が抜けてしまうこともあります。
自分の歯がなくなるということは食事の楽しみを失ってしまうことにもなります。

現状では10代から歯周病に罹っているという調査結果もありますので、早めに歯科医師の診察を受け、適切なケアや治療を行っていくことが、自分の歯を残すことにつながると言えます。

歯周病に罹っている人が増加している

歯周病を予防するチェックポイントは?についてのイラスト歯周病という病気を聞いたことがありますか?
歯肉が炎症を起こしてしまうため、腫れや痛みが出てくるものです。
これは口腔内にある歯周病菌が原因ですが、人間の口の中には何種類もの歯周病菌があるそうです。

また今10代でも歯周病に罹っている人もいると言われています。
そして加齢とともに歯周病に罹る人たちは多くなり、50代後半では約半数が歯周病に罹っているとされています。

歯周病は歯が抜け落ちるなどの口腔内だけの症状では済まず、その原因菌で歯周病菌が心臓に到達すれば心内膜炎に、誤嚥してしまえば誤嚥性肺炎のリスクが高まってしまいます。

歯周病かどうかのチェックポイントは?

「最近、歯磨きをすると出血する」などお口のトラブルに悩んでいる方はこのチェックリストを試してみてください。

【歯肉に関するトラブル】

・赤く腫れている
・歯肉が瘦せてきている
・歯と歯の間に物が詰まりやすい
・歯肉がブヨブヨしている
・歯肉から膿が出る

【その他のトラブル】

・口臭が気になる
・歯磨きの後に出血する
・歯が浮いたような感じがする
・ぐらつく歯がある

以上の項目で1つでも当てはまった場合には歯周病の可能性がありますので早めに歯科を受診するようにしましょう。
当てはまる項目が多いほど、歯周病が進行している可能性があります。

歯周病の治療は初期の段階で始めると、歯周ポケットと呼ばれる歯肉と歯の間の隙間が改善され、その後の口の中の状態も良好に保つことができます。
ぜひ早めに受診してください。

まとめ

歯周病は自分の歯を失う原因になります。
今は義歯やインプラントのような歯科技術も進んでいますが、やはり自分の歯とは違います。
将来いつまでも自分の歯で食事を楽しむことができるように若いうちからお口の環境を整えていきませんか?

8020運動というものがあります。
これは80歳の時点で20本の自分の歯を残すという取り組みがあります。
この目標を達成できるようにしていきませんか?


2017年11月5日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop