雪が原因でスリップ事故の危険あり!冬への対策をしっかりと!
への対策はできていますか?

雪が降るとスリップ事故が起こりやすくなります。
スタッドレスタイヤの性能が向上したおかげで雪道のスリップ事故が減ってきていますが、事故は依然多く、毎年死亡事故のニュースを観ます。

雪が原因で起こる事故について対策をしましょう。

スリップ事故の原因

雪が原因でスリップ事故の危険あり!冬への対策をしっかりと!についてのイラスト 冬は路面が凍結しやすくなり、雪の降り始めは凍結した地面に雪が積もり凸凹になります。
この時に普段と同じような感覚で運転するとスリップ事故につながる可能性が高くなってしまいます。

また、雨で路面が濡れている時に気温の低下で路面が凍結し、それに気づかずブレーキを踏んでスリップすることもとても多いです。
雪がなければ安全と考えていると事故を起こしやすくなるので注意がして下さい。

また、特に東海地方ではあまり雪が降りませんのでスタッドレスタイヤを所有している人が少なく、少しくらいの雪なら普通タイヤで大丈夫と雪道を普通タイヤのまま走行することもスリップ事故の原因となっています。

スリップ事故の防止策

雪が降り始めてから準備するのではなく、寒くなる前に準備をしていつ雪が降ってもいいように備えましょう。
スリップ事故を防ぐにはスタッドレスタイヤの点検がとても重要になってきます。

タイヤが古くなっているといくらスタッドレスでも全く効果がありません。
スタッドレスタイヤの溝がすり減っていないか、亀裂が入っていないか、きちんと車に取り付けられているかを点検しましょう。

次に安全運転を心がけましょう。
どんなに運転の上手い人でもスリップをしたら簡単に止めれません。

スリップ事故を防ぐには急発進、急加速、急ハンドル、急ブレーキといった急が付く行為を絶対してはいけません。
ゆっくりと運転することを心がけましょう。

そして強くブレーキを踏むこともとても危険です。
強くブレーキを踏んだ瞬間にスリップしてしまう原因になります。

雪道の運転対策で必要なもの

雪が降る前に必ずタイヤチェーン、スコップ、アイスクレーバー(車の雪下ろし)、軍手を車に用意しておきましょう。
スコップは園芸用の小さなものではなく、タイヤが雪にはまって動けなくなった時に雪を掘って車を動かす時に使うものなので大きいものをおすすめします。

アイスクレーバーは車の窓や屋根に積もった雪を落とすのに必要です。
車の屋根に雪が積もった時に落とさずにそのまま走行すると、ブレーキを踏んだ際屋根の雪がフロントガラスにどんどん落ちてきて視界が隠れてしまい、とても危険です。

ワイパーでは雪を動かすだけの力がないので車を停めて雪をどかすしかありません。
事故の原因となりますので気をつけて下さい。

冬への対策をきちんと行い、スリップ事故には十分注意して運転するようにして下さい。


2016年11月4日 15:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop