スロージョギングがダイエットにも効果的!?速度などの方法は?
スロージョギングダイエット効果があると注目されています。
通常のジョギングよりも速度を落として走ることで、笑顔を保ちつつ楽しく走ることとされています。

このスロージョギングですが、運動不足の解消はもちろん、楽に走っているにも関わらず、運動効果が高いため高齢者でも取り入れることができますよ。
内臓脂肪も減らしてくれるため、メタボの方にもおすすめです。

スロージョギングの魅力は?

スロージョギングがダイエットにも効果的!?速度などの方法は?についてのイラスト ゆっくりと走るスロージョギング。

笑顔を保ちつつ走ることができるスピードにすることがポイントです。
通常のジョギングよりも楽に走ることができるのですが、効果もバッチリあるため、注目されています。

スロージョギングは身体への負担が少ないため、高齢者の運動にも向いています。
また運動不足の解消になる、内臓脂肪を効果的に燃やすことができるためメタボの改善にもつながります。


そして太ももや臀部の大きな筋肉を利用して身体を動かすため、筋力の向上にも効果があるとされています。

また体力を消耗しないのも特徴です。

そのため知らず知らずのうちに長距離を走ることができるようになっているケースも多くあるそうです。
実際に1kmも走れなかった方がフルマラソンを完走できたというケースもあるとのことで驚きです。

スロージョギングの方法は?

「スロージョギングをやってみたい!」と思った方、いませんか?

スロージョギングで大切にしているのは足の着き方です。
かかとで着地するのではなく、足指の付け根付近で足をつくようにしましょう。

この着地方法だと地面からの衝撃を減らすことができます。

また走るスピードを意識しましょう。
スロージョギングでは笑顔を保って走ることができる「にこにこペース」を大切にしています。

実際の体験教室ではこのペースを試した体験者から意外なスピードに対して驚きの声が聞かれているそうです。

ゆっくりと走る時には歩幅を小さく、足を小刻みに動かすようにしましょう。
10㎝程度の歩幅から開始し、15秒当たり45歩のスピードになるようにしましょう。


腕ふりや呼吸は自然のままで大丈夫とのことです。

まとめ

スロージョギングは高齢者でも楽しめる運動です。
そのためメタボ気味で運動が苦手な方でも楽しみながら内臓脂肪を燃焼させることができますよ。

ゆっくりと笑顔で会話を楽しみながらできるのが魅力のスロージョギング。

ぜひこれからの運動習慣の1つとして取り入れてみてはいかがでしょうか?


2017年9月12日 17:00


  • 気になる介護ニュース
    アクセスランキング

    Sorry. No data so far.

    入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop