スマートハウスのメリットとデメリットは?高齢者のこれからの生活!
スマートハウスをご存知ですか?
スマートハウスはIT技術を利用して家庭内のエネルギー消費を最適化する仕組みのものです。

メリットとしてはエネルギー消費を抑えることができるため、光熱費を抑えることができることです。
デメリットとしては設備を整えるまでのコストが高くなってしまうことです。

こうしたメリットやデメリットを踏まえてスマートハウスに居住するのかどうか検討してみましょう。
また実はスマートハウスは高齢者にとって安全な暮らしを支援することもできるのです。

スマートハウスとは何か

スマートハウスのメリットとデメリットは?高齢者のこれからの生活!についてのイラスト 年々進化していくIT技術。

様々な場面でIT技術を使ったものが開発・実用化されていますよね。
そのようなIT技術を使った住宅がスマートハウスと呼ばれるものなのです。

スマートハウスとは電気などのエネルギー消費をIT技術により最適化する住宅のことです。
エネルギー消費の他にも太陽光発電など取り入れエネルギーを生成する仕組みを取り入れることもスマートハウスの特徴になります。


そして高齢者の見守りシステムを導入することができるのもスマートハウスの特徴になります。

一人暮らしでも高齢者のみの世帯でも離れて暮らす子供たちが安心することができます。

スマートハウスのメリット・デメリット

スマートハウスの設備を整えるにはとてもコストがかかります。
これはデメリットになりますよね。

しかしそのコストをかけてでもスマートハウスに住むというメリットもあるのです。

まずはIT技術でエネルギー消費を最適化してくれるため、光熱費のコスト削減になります。

また無駄なエネルギー消費がないため、地球にも優しいのがポイントになります。
そして高齢者にとってはメリットがあります。

IT技術により、高齢者の生活を見守るシステムを導入することにより、ふらつきや転倒などの危険を察知してあらかじめ登録されている方への情報伝達が可能になります。

高齢化社会が進行し、高齢者のみの世帯や一人暮らしの高齢者の数が増加しています。
そして社会との関係性が希薄化している今、孤独死も問題になっています。

そうしたことを防ぐことができることもスマートハウスのメリットになりますよね。

まとめ

スマートハウスの開発や実用化が進められ、これからは当たり前の住宅になっていくような気がします。

無駄なエネルギーを使わないことで環境を守ることはもちろん、安心して生活できるようにするということもポイントです。

これからもますます進化をするスマートハウスから目が離せません。


2017年4月9日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop