考えて活用しよう、早期退職優遇制度
早期退職優遇制度をご存知でしょうか?
これはその字のごとく定年前に退職をすることです。
経営再建などにより、期間と人数を定め、早期退職者を募る「早期希望退職制度」「希望退職制度」のことです。

多くの場合には退職金の割り増し加算や再就職のあっせんなどが行われることが多いのでメリットがありそうな感じがしますが、「会社都合退職」と「自己都合退職」では失業保険にも差が出てきますので注意が必要です。

早期退職優遇制度とは

考えて活用しよう、早期退職優遇制度についてのイラストの 早期退職優遇制度という言葉を聞いたことがありますか?
よくニュースで聞くことがある言葉なのですが、2つに分けられます。

1つ目は企業側の経営不振などで立て直すためなどに行われるものです。
優遇の内容は企業によって変わってきますが、退職金の上乗せや再就職先のあっせんを行ってくれるというものがあります。

もう1つが選択定年制と呼ばれるものです。
定年退職を何歳にするか本人と企業側で話し合って決めるものです。
この早期退職優遇制度はリストラと似ていますが、リストラは会社側に強制的に退職させられてしまうのですが、早期退職の場合には本人が続けて勤務をしたいとなればその意思が尊重されます。

早期退職のメリットとデメリット

早期退職のメリットとデメリットには何があるのでしょうか?
ますはメリットから確認していきましょう。
早期退職の場合には退職金の上乗せ・再就職先のあっせんなどがメリットとして挙げられます。
これは企業によって程度は変わってきます。
しかし自分の置かれている環境を確認し、早期退職をする選択がベストかどうかしっかりと見極める必要があります。

デメリットには職を失うというリスクが高いということが最も大きいものと言えます。
再就職先のあっせんをしてくれたとしてもその企業が合わないのであればまた転職をしなければならなくなります。そう考えると大きなリスクになりますよね。

早期退職をすることになりそうだという時には家族を始め、人事コンサルタントのような専門家に相談することをおすすめします。

まとめ

早期退職優遇制度と聞くと、何かメリットばかりのような気がして勢いで退職を決めてしまう方もいるかもしれません。
しかし実際はメリットばかりではなくデメリットもあるということを十分理解し、後悔しないような選択をするようにしましょう。

また自分は優秀だから関係ないと思っている方にもこの早期退職の話がある場合もありますので決して過信しないようにしましょう。


2017年12月30日 17:00


  • 入居までの流れ

    入居祝い金

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    介護施設ぽーたるの知恵袋

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop