騒音には健康被害あり!?対策をとって身を守ろう!
騒音に悩まされている方はいませんか?
そして騒音の対策を何か取っていますか?

騒音に悩まされている方には健康被害も出るとされています。
例えば騒音があるとイライラする、血圧が上がってしまうこともあります。

また脳機能にも影響も与えてしまい、認知症のリスクにもなるとされています。
そのため騒音に悩まされている方は騒音に対する対策をするようにしましょう。

騒音がもたらすリスクとは

騒音には健康被害あり!?対策をとって身を守ろう!についてのイラスト 騒音にさらされている場合、健康にも影響を与えてしまいます。

例えば仕事中の騒音は集中力が失われ、イライラしますよね。
また自宅でリラックスしている時の騒音は同じようにイライラします。就寝時であれば不眠、満足いく睡眠を取ることができなくなります。

こうしたことが続くとストレスが溜まり、高血圧や不眠などの症状が出てきてしまうリスクになります。
また騒音が与える影響についての研究では認知症の発症リスクを高めるという結果も出ています。

これはストレスで動脈硬化が進行し、脳梗塞などのダメージを受けるためということから考えられています。
それだけ騒音が与える健康被害は幅広く、問題として認識しておくことが求められます。

騒音対策はどうするの?

健康にも影響が出てくる騒音。
どう対策をしたらいいのでしょうか?

仕事中の騒音に対しては会社側に訴え、対処してもらうようにしましょう。

自宅での騒音に悩まされている場合は、ゴム製の防音用の製品で窓の隙間を埋めるようにしましょう。
また窓を透過して音が漏れてくることもありますので、窓に梱包材のプチプチを貼る、窓ガラスの断熱シートを貼るということも効果的です。

そして換気口がある家庭ではその換気口を塞いでしまうのも騒音を軽減させることができます。
防音カーテンなどの防音に効果的なグッズも販売されていますので、そういったものを利用するのもおすすめです。

騒音被害は自分だけではないかも

騒音に悩まされている方でももしかしたら自分自身も騒音を出しているかもしれません。

アパートなどの集合住宅に住んでいる方の場合は特に注意しましょう。
歩く音や洗濯機の音なども意外と他の部屋に響いています。

特に夜帰宅してから洗濯をするというのは静かな空間の中でとても響きます。
自分自身の生活も今一度振り返り、他の部屋の方でも騒音被害がないようにしておきましょう。

また騒音での訴訟も増加しています。
あまりにも騒音がひどいようならしかるべき機関へ相談し、何かしらの対応をしてもらうことも必要かもしれませんね。


2017年7月31日 17:00


  • 気になる介護ニュース
    アクセスランキング

    Sorry. No data so far.

    入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop