相続税が過去最高に!土地の相続税に対策はあるのか?
相続税が過去最高になりました。
特に相続税が高いのが土地を相続した時になります。

土地を相続した時に何か相続税に対しての対策はあるのでしょうか。
また2015年4月から相続税が改正されたことも相続税が過去最高になったことに関係しています。

そして今までよりも非課税枠(基礎控除額)が改正されたことで非課税額が減少してしまったことも相続税が過去最高になった理由と言えます。

2015年4月に改正された相続税と高齢化

相続税が過去最高に!土地の相続税に対策はあるのか?についてのイラスト 相続税が過去最大になっている背景には2015年4月に改正された非課税枠と高齢化があります。

非課税枠に関しては改正により減少してしまいました。
そのため相続税の支払い額が大きくなってしまったのです。

また高齢化に関しては高齢者が増加していることが相続の件数を増加させていると言え、そのために相続税が多くなっていると言えます。

改正された相続税に関しては改正前に「5000万円+1000万円×法定相続人の数」だったものが「3000万円+600万円×法定相続人の数」に改正されました。

例えば夫婦と子供1人の家族構成だったAさんが死亡した場合、「3000万円+600万円×2人=4200万円」しか非課税の対象にならないということになります。

土地を相続する時に意識しておきたいこと

もし配偶者や子供に対して相続する土地を所有している場合、どうしたら相続税を節税できるのでしょうか。

土地の広さによって使い分ける節税があります。

まずは「広大地特例」です。
この広大地特例はその名の通り広大な土地を持っている方が利用する節税方法です。

適用されると相続税が数百万円から数千万円も違ってきます。

もし広い土地を所有している、相続の際に広大な土地を相続したという方は税理士に相談してみて下さい。

そして「小規模宅地の特例」というものもあります。
一定の面積までの土地の評価額を減少させることができる特例です。


50%から80%までの減額が可能になっています。
しかし2つの要件を満たした場合になります。

このケースに当てはまる場合でも税理士に相談してみましょう。

まとめ

相続税の改正により相続税が高額になってしまうケースが多くなっています。
相続税などのプロは税理士になります。

もし相続が発生する場合には専門家である税理士に間に入ってもらうことも必要になってきます。

これからも高齢化が進み、相続するというケースも増加していくでしょう。

そうした時になるべく節税していけるようにしていくことが必要になってくる時代になるのかもしれませんね。


2017年1月29日 17:00


  • 気になる介護ニュース
    アクセスランキング

    Sorry. No data so far.

    入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop