スクールソーシャルワーカーという職業をご存知ですか?
文部科学省が今全国全ての中学校に配置することを目標にしている「スクールソーシャルワーカー」(SSW)学校だけでは対応が難しい様々な問題を解決に導く役割を担っています。まだ地域の学校に配置されていない所も多いのではないでしょうか?

これから全ての学校に配置が進むと考えられている「スクールソーシャルワーカー」どんな仕事内容なのか、学校での役割などをお伝えしていきたいと思います。

SSWの仕事内容は?

スクールソーシャルワーカーという職業をご存知ですか?についてのイラスト 児童、生徒の中にはいじめ、貧困、虐待など様々な環境で困難を抱えている場合があります。そんな時、学校の対応だけでは解決に導くことはかなり難しいことです。

そこで児童相談所を始めとし警察や福祉機関、医療などと連携をとりながら 児童の抱えている環境の問題解決に導く役割がSSWです。社会福祉士や精神保健福祉士の有資格者やこれまでに教育や福祉での活動経験がある人などが選ばれています。

スクールカウンセラーも最近では学校に配置されるようになってきていますが、スクールカウンセラーは臨床心理士など心理カウンセリングを行い児童、生徒またはその保護者、教員の「個人」が抱える問題に対応しますが、SSWはその個人に築かれている「環境」に対しての問題解決に対応しています。

SSWの役割と必要になったワケ

今家庭環境で大きな悩みを抱えている児童、生徒の数は増えつつあります。

ネグレクトなどの虐待、いじめ、そして最近増えつつある貧困問題、このような様々な困難を抱えて不登校になっている生徒も少なくありません。学校の方でも対応を行うのですが1教師が抱えるには負担が大きいこともあるでしょう。

そして今の先生は雑務も多く一人ひとりの生徒に対応する余裕はなさそうに思います。しかし このような問題は数が増え続けているのが現状です。少しでも児童、生徒が学校生活を楽しめるようにと教師以外の専門的な知識を持つSSWの役割が必要になったのです。

まとめ

私の子供が通う学校にはまだSSWの配置は行われていませんでしたがスクールカウンセラーは配属されていました。
何度か我が家もお世話になりましたが配置されてはいるものの来るのは月に2~3回程度、踏み込んで話し込むには次回までの間隔が空きすぎてなかなか本心にたどり着けない、何か問題が起きたその時に話をしなければ伝わらないというときにも常時いないので、あまり深く話せる状態ではありませんでした。

ちゃんと今後SSWの配置を行っていくのであれば導員数をしっかりと確保し、常に子供たちの声を聞ける窓口になっていなければ、ただ配置するだけでは意味のないものになってしまうでしょう。そうならない様にお願いしたいです。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop