住み慣れた場所で「看取る」ということ
高齢化社会に向けて政府は地域包括ケアシステムの構築を目指しています。
このシステムでは要介護状態になっても住み慣れた地域で医療や介護などのサービスを受けながら最期を迎えることができるというものです。
今はまだシステムの構築ができておらず、病院で最期を迎える方が多いのが現状です。
しかし住み慣れた施設で最期を迎えたいと思う方も増えており、施設における看取りケアが重要視されています。

現在の「看取り」の状況

住み慣れた場所で「看取る」ということについてのイラスト 今のように介護サービスが発展していなかった時、自宅で最期を迎える方がほとんどでした。
そしてそれを支える地域の医師が必ずいて往診してくれているのが普通でした。
現在は医療の発展により、「病院で最期を迎えたい」という方が増えてきました。病院であれば24時間医師も看護師もいて、痛みなどの症状に対してもすぐに対応してくれるという安心感があるからだと考えられます。

施設での看取りケアについて

特別養護老人ホームや有料老人ホームなどの施設に入居している方はどうなのでしょうか。
看取りケアを行っている施設もありますが、医師との連携ができていなかったり看護師の配置がされていなかったりなどの状況があると施設での看取りはできない状況です。
自宅を離れて過ごしてきた施設というのは第二の自宅になると言っても過言ではありません。そしていつも一緒に過ごしていた職員との生活がありそこで最期を迎えたいと感じる方も多くなってきました
また、自宅では看取りケアができないが施設に入居することにより家族が付き添って看取りケアを行うことも家族の身体的・精神的負担が少なくなります。家族も一緒に看取りケアができたと感じることができます。

今後の看取りケアのあり方

人間は必ず最期を迎えます。その時に自分が最期を迎えたいところで迎える状況ができていたらきっと人生に満足して最期を迎えることができるのではないでしょうか。
私が勤務していた施設でも看取りケアを行っていました。様々な看取りのケースがありましたがほとんどのケースでご家族と一緒に看取りケアを行いました。前の記事でもご紹介させていただいた最期まで「食べたい」という利用者さんです。ご家族と相談しながら食べやすいように食事を工夫して一緒に食事介助を行いました。意識がなくなってからは家族が居室に泊まり込んでケアをしました。
最期を迎えた時、ご家族からは「後悔はありません」という言葉が聞かれ、しばらくしてから施設に来てくださった時に「あの時自宅に帰っていたらここまでできませんでした。最期まで一緒に過ごすことができて幸せでした」と言ってくださいました。
このように施設での看取りもそうですがどの場所での看取りでもご本人を始め周りのご家族などが看取りケアを一緒に行うことで最期を迎えた時やその後の気持ちの持ち方も変わってきます。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop