高齢者の住まい。住み慣れた地域を離れる際は注意!!
高齢者が住み慣れた地域を離れて引っ越しをする場合、様々な面に注意していく必要があります。
他にも老人ホームなどへの入居を検討する際にも検討する事項があります。
東京都杉並区では高齢者人口が増加し、要介護の高齢者が増加することが予想されるため、南伊豆に特別養護老人ホームを開設することになり、その入居者を募集しています。
杉並区で過ごしてきた高齢者が南伊豆に引っ越すとなると不安も大きくなりますのでしっかりと確認をするようにしましょう。

高齢者の引っ越しで注意すること

高齢者の住まい。住み慣れた地域を離れる際は注意!! 社会的に高齢化が進み、高齢者の数も増加の一途をたどっています。
そのような中、住み慣れた地域を離れ、他の地域に引っ越しをする高齢者もいるのではないでしょうか。
例えば違う地域に住む子供と一緒に暮らすために引っ越しをする、今住んでいる地域に老人ホームなどの施設がなく、やむを得ず他の地域の施設に入居するなどが考えられます。

しかし長く住んできた地域を離れ、新たな地域での生活をする時には精神的なストレスがとても大きくなります。
また高齢者は新しい環境に慣れるまでに時間がかかることもあり、不安定な状態になることも予想されます。

引っ越し先の状況を確認することが大切

高齢者の引っ越しの場合には、その引っ越し先の状況をしっかりと確認することが必要です。
特に医療面はしっかりと確認をしなければなりません。
先述したように高齢者は新しい環境に慣れにくく、体調を崩すことが多くあります。
そのような時にすぐに受診できる病院や診療所があるかどうかの確認は忘れずにしましょう。

また杉並区のように遠く離れた地域に特別養護老人ホームを開設するというケースの場合も注意が必要です。
将来を考えて移住したとしてもその施設に入所できる確約があるわけではないこともありますので、そうしたリスクもしっかりと理解した上での行動をしなければなりません。

まとめ

今後も杉並区のようなケースが増加すると予想できます。
そうした時に将来介護が必要になっても安心、と移住を決意する方もいるでしょう。
しかしそうした際にはお試しでしばらく滞在し、環境を確認してから本格的な移住を決意するようにしましょう。

住めば都、とも言われますが実際移住したら想像していた状況とは違ったということでつらい思いをするかもしれません。
まずはしっかりと情報収集をし、移住先のフォロー体制をしっかりと確認した上で行動することをおすすめします。


2018年3月9日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop