うつ病に効果的なスルフォラファンって?奇跡の野菜とは?
うつ病スルフォラファンという成分が効果的という研究結果が出ています。
このスルフォラファンはブロッコリースプラウトなどに多く含まれているもので今まではがん予防に効果的として注目されていました。

高齢者にとってうつ病は認知症にもつながってしまうため予防したい病気です。
日々の食事の中で積極的に取れるといいですよね。

スルフォラファンとは

うつ病に効果的なスルフォラファンって?奇跡の野菜とは?についてのイラスト 聞きなれない成分のスルフォラファンですが、ブロッコリースプラウトに多く含まれていると言われ、注目されるようになりました。

もともとがん予防に効果的とされていましたが、今回の研究ではうつ病に効果があるという結果が出ています。

スルフォラファンを多く含むのはブロッコリーですが特にブロッコリースプラウトと呼ばれているブロッコリーの種を発芽させたものです。

これを1週間に1パックのペースで摂取すると良いとされています。

またカロリーが低く、他の栄養素も多く含まれているので1日1パック食べている人もいるようです。

スルフォラファンの効能は?

スルフォラファンは別名ファイトケミカルとも呼ばれています。

今、特定保健用食品で注目されている成分も多くがこのファイトケミカルとされています。

ファイトケミカルの定義は「通常の身体機能維持には必要としないが健康に良い影響を与えるかもしえない植物由来の化合物」とされています。

このファイトケミカルは第7の栄養素としても知られており、抗酸化作用やがん予防、免疫力の向上などの効能があるとのこと。

抗酸化作用は身体の中から細胞などの老化を防ぐ作用です。

またこの抗酸化作用ともつながりがありますが、身体の中の活性酸素の働きを抑え、がんを予防する作用もあります。

そして免疫細胞を増加させることで免疫機能の向上を図るとされています。

また今回の研究結果にもあるようにスルフォラファンがうつ病の予防に効果的であるということも分かっています。

まとめ

ブロッコリースプラウトに多く含まれているスルフォラファンですが、今までの効能の他にもうつ病に効果的であるということが分かりました。

現代のストレス社会では世代関係なくうつ病を発症する人が増えています。

また高齢者にとってうつ病は認知症の発症にもつながってしまうことになるため、予防したいですよね。

ぜひスーパーに行った際にはブロッコリースプラウトを購入し食べてみて下さい。

おすすめは生のままサラダで食べることですが、煮たり炒めたりしても熱に強いスルフォラファンを取ることができます。試してみて下さい。  


2016年9月15日 17:00
 

  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop