ストレスチェック制度って?産業医のかかえるストレス・・・
平成27年12月より産業医によるストレスチェック制度が施行されることとなりました。

制度施行されていくうちに、チェックしている産業医が思わぬストレスを感じていることが分かりました。

ストレスチェック制度とは?

ストレスチェック制度って?産業医のかかえるストレス・・・についてのイラスト 近年、仕事や職場環境などに強いストレスを感じ、それが原因で精神障害を発病してしまう労働者が増えています。

労働者のメンタル不調を未然に防止するため、ストレスチェック制度が創設されました。

ストレスチェック制度は労働者50人以上の企業では義務となっています。

アンケートによりストレス度のチェックを行ったあと、産業医の診察によるストレスチェックが行われます。

ストレスチェックの結果は、企業側には連絡せず、直接労働者に伝えられます。

また、労働者の同意があるときのみ、企業側に結果が通知されるしくみです。

高ストレスを感じている産業医

このストレスチェックを行っている産業医が、意外にも高ストレス状態にあることがわかりました。

産業医は、病気の状態を医学的見地から診ることのできる専門家であるうえに、労働者が安全で健康的に働けるのかどうか、職場環境を考慮し、総合的に判断する医師です。

労働者に労働上の健康問題がある場合、企業側にドクターストップを勧告したり、休業や復職、残業などについても勧告・意見したりことができます。

また、企業側は、産業医の勧告・意見を尊重しなければ、法律違反となってしまうのです。

医師として、労働者の病状と職場環境だけを考えて、判断すればいいのですが、労働者・企業からもお互いにいい条件にしてもらおうと演技している場合も少なくないのです。

そのため産業医は、労働者・企業との板挟みに合い、ストレスをため込んでいると考えられます。

まとめ

産業医は、労働者の味方でも企業の味方でもありません。
中立の立場なのです。それなのに、産業医の意見を聞こうとしない企業や労働者が多いのも事実です。

それでは、この制度が創設された意味がありません。

労働環境を確認し、改善を目指すためのものです。

労働者・企業それぞれが、きちんと産業医の意見を聞ける状況にすることが、産業医のストレス改善につながると感じています。


2016年8月21日 9:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop