処方箋の金額はどのようにして決まるのか?
処方箋で出される薬の金額がどうやって決まるかご存知ですか?
町中にあるドラッグストアで販売されている薬は市場価格があり、店舗によって差があります。

しかし処方箋による薬に関しては薬価というものが決められており、厚生労働省が中心となって決めている価格になります。
そのため最近でも注目された抗がん剤などの高額な治療薬が出てくるのです。

処方箋による薬の金額の決まり方

処方箋の金額はどのようにして決まるのか?についてのイラスト 風邪を引いた、腰が痛いなどで受診をした際に医師から処方箋を受け取り、薬局にて処方を受けますよね。
その時に支払う金額がどのように決められているか気になったことはありませんか?

日本では医療用に使用されている薬剤に関しては厚生労働省が中心となって値段を決めています。
これを薬価としています。
薬価は薬の効果を始め、作られた時のコストなどを加味して決められています。

一方、市販されている医薬品に関しては薬価が決まっていません。
そのため市場を確認しながらドラッグストアなどが価格を決めて販売しているため、店舗によって価格に差が出てくるのです。

処方箋による薬の支払額はその薬価によって変わってきます。
また先発品と呼ばれる最初に作られた薬なのか、ジェネリックと呼ばれる先発品の特許が切れた後に同じ有効成分で作られたものなのかによっても支払額に差が出てきます。

薬を開発するまでに多大なコストがかかっている

薬の開発には莫大なコストがかかります。
まず新たな薬を開発する際にはその素となる成分を含んだ物質を探すことになります。

これは砂漠の中から宝石を見つけるくらい難しいものであり、人件費を始め様々なコストがかかります。

さらに見つけてきた物質が薬になるのかという開発研究に何年も費やします。
その間にも研究開発に莫大なコストがかかります。

そして研究が実を結び、開発できた薬が厚生労働省に認可されるとやっと処方薬として世の中へ出回るという流れになります。

ここまでにかかったコストと薬の効果などにより薬価を決定していくため、新薬はどうしても高額になってしまうのです。

まとめ

何気なく支払っている処方箋による薬ですが、薬の開発にかかるコストなどにより薬価が変わってくることが少し理解できたでしょうか。

そして今はジェネリックが窓口で進められています。
ジェネリックは先述した通り、先発品の特許が切れた後に同じ有効成分を用いて作られている薬です。
そのため薬価は先発品より抑えられています。

少子高齢化に伴い、医療費の財政がひっ迫しています。
そのため財政が破たんしないよう不必要な処方を避けることや健康に過ごすための努力をすることが求められます。


2016年11月17日 15:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop