食事をおいしく楽しく食べていつまでも元気
おいしいものを食べることで食べた人は皆いい表情になります。他にも家族団らんでの食事。何気ないいつものメニューでもおいしく感じます。このように食事は人間に大きく影響するものなのです。ある地域で食の原点に返り本物の味を教える取り組みをしている方がいます。 「手作りのおいしい食事を囲めば友達になれない人はいない」をポリシーに奮闘されています。

食事とは

食事をおいしく楽しく食べていつまでも元気についてのイラスト 食事は人間にとって命を守るために必要不可欠なものです。今はファストフードのようなすぐに手軽に食べられるものが増えていて、栄養が偏りがちです。また柔らかい食事が増えてきているため、「噛む」という動作が少なくなり口の中のトラブルや生きる気力にまで影響してしまうのです。 人間は口から食べることを基本としています。何かの病気で食事が取れなくなってしまった場合に点滴や鼻などのチューブから栄養剤を入れるといったことがありますが長くなればなるほどその方の活動は減少し、体力や筋肉の低下になり生きる気力もなくしてしまいます。
それほど食事ということは人間に大きな影響を及ぼすものなのです。

現代の食事の問題点

食事に関して現代はファストフードや柔らかい食事を好んで食べているということをお話ししました。そして噛み砕く力が低下してしまい、将来的に口の中のトラブルや筋力「・大量」の低下にまでつながります。 また核家族化や共働きの世代が増えたことで「孤食」という言葉が出ました。
孤食とは字の通り一人で食べることです。これは子供に多く見られています。共働きで朝子供より早く出て帰りも遅く、子供は準備された食事を食べる…これは発達に対しても悪影響ですし情緒に対しても悪影響になります。

高齢者における食事の問題点

高齢者にとっても食事の問題はいろいろとあるでしょう。孤食なんかは一人暮らしのお年寄りにはありがちです。そして買い物に行くことも億劫になりいつも同じものを食べている、年金生活で生活が苦しくカップラーメンのようなものしか食べられないなどの問題があります。
栄養が偏った食事を取っていると体力や筋力の低下はもちろん、生きることに対しても消極的になってしまいます。また栄養状態の悪化は床ずれを招いてしまいます。

まとめ

このように高齢者にとっても食事というのは大きな影響を与えます。 1日1回は配色サービスを使ってバランスの取れた食事をする、公民館などで近所の人と一緒に食事を取るなど解決方法はたくさんあります。
超高齢化社会になりますが、いつまでも介護を必要とせず元気なままの高齢者になるために今から自分の生活習慣を見直していきましょう。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop