初任者研修の資格取得までの時間を半分程度に引き下げか!?
介護職として働く時に取得する介護初任者研修
この資格取得のためには130時間の座学や実技演習が必要になります。

また厚生労働省は初任者研修の前段階の研修として初任者研修の半分程度の時間で取得できる入門的な研修を創設する方針を固めています。
この研修では介護現場で必要な最低限の知識や技術を学ぶもので、資格を持っていない人でも介護に参入できるようにする目的があるようです。

介護の入門的な研修とは

初任者研修の資格取得までの時間を半分程度に引き下げか!?についてのイラスト 介護職の最初の資格には介護職員初任者研修と呼ばれるものがあります。

この初任者研修は以前のホームヘルパー2級と同等の資格になります。
初任者研修の資格取得後に実務経験を積み、実務者研修、介護福祉士とステップアップしていくのです。


しかし介護職の慢性的な不足を受けて厚生労働省は初任者研修の半分程度の時間で取得できる研修を創設する方針を固めています。
この研修は介護の入門的な研修に位置付けられ、今までに介護の経験がない人たちに対して必要最低限の知識や技術を学んでもらい、介護職として働いてもらうということを目的としています。

ターゲット層としては子育てなどがひと段落した世代、元気な中高年層などです。

介護に関心があっても初任者研修を受けることに抵抗がある人がもっと気軽に介護の仕事に取り組むことができるようにすることも研修を創設する意味になっているようです。

介護職としてのステップアップになる

もともとホームヘルパー制度の時にもヘルパー3級と呼ばれる資格がありました。
今回厚生労働省が検討している研修もこのホームヘルパー3級と似ている内容になっています。

確かに初任者研修に対して抵抗を感じている人もいます。

初任者研修には終了評価があり、その評価に合格しないと初任者研修の資格取得にはなりません。
また130時間資格取得のために学校へ通うのは大変と感じている人たちも多いでしょう。

そのような思いをしている人の中には介護職として働きたいと感じている人もいます。

そうした人たちが初任者研修よりもハードルが低い入門的な研修を受け、実務経験を積み、初任者研修や実務者研修から介護福祉士へのステップアップができるようになるということも介護職に対する見方が変わるような気がします。

まとめ

介護職の慢性的な不足は以前から問題視されています。
介護職の待遇の悪さももちろんその原因の1つですが、介護職がステップアップできない職種であると勘違いされているところも関係しているのではないでしょうか。

介護職でも初任者研修を受け、実務者研修、さらには国家資格の介護福祉士の資格を取得することができます。

またケアマネジャーの資格取得もできます。
このようにステップアップできるのが介護職であるということをもっと周知させることが必要であると感じます。

ネガティブイメージが先行している介護職ですが、頑張り次第では自分自身も成長できるというところも多くの人に知って欲しいと思います。


2016年11月23日 15:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop