出火原因のランキング!寒い冬だからこそ気をつけておきたい火事!
暖房器具を使う時期でもあり乾燥する時期でもある冬は火事の発生率が上がります。

その火事における出火原因ランキングで最も多いのは放火です。
続いてたばこの不始末、コンロ、暖房器具などと続いていきます。

そして注意しなければならないことは高齢者が生活している中でのたばこや暖房器具になります。

たばこの不始末はもちろん、ストーブの消し忘れやストーブの上に洗濯物が落ちて燃えてしまうといったケースです。

火事で亡くなる高齢者の数は総数の7割を占める

出火原因のランキング!寒い冬だからこそ気をつけておきたい火事!についてのイラスト 住宅火事により毎年亡くなる人の数は約1000人とされています。
そのうち7割が65歳以上の高齢者が占めています。

出火原因のランキングは先述しましたが最も多いのが放火になっています。
その次にたばこの不始末や暖房器具などが続いていきます。

たばこの不始末に関して布団の中などで寝ながら喫煙し、火をしっかりと消さずに放置してしまうことで布団などに燃え移り火事になるとされています。

また暖房器具では灯油の漏れがあり引火する、洗濯物がストーブの上に落ちてしまい燃え広がってしまうなどが考えられます。

火事により高齢者の犠牲者が多いのは身体能力の低下などにより火事に気付くのが遅れてしまい、逃げ遅れてしまうということが考えられます。

高齢者の生活の中で火事を予防するには

高齢化が進んでいることや核家族化による家族構成の変化がある現在、高齢者の一人暮らしや高齢者のみの世帯が増加しています。
そうした家庭では火事を起こさないための対策をしっかりと取ることが必要になります。

寝たばこは火事を起こすリスクを高めますので絶対にしないようにしましょう。

そしてストーブなどの暖房器具の上に洗濯物を乾かす家庭も多いのですが、洗濯物が落ちてしまった時に燃えてしまうリスクが高くなりますのでやめましょう。

またこうした火事に対するリスクをしっかりと理解し、高齢者自身が気を付けていくことも大切です。
そして離れて暮らす家族も日中高齢者が1人になる家庭でも常に声をかけて火事を起こさないようにしていく必要があります。

まとめ

これからますます寒くなります。
毎日暖房を使うことになりますが、火事を起こさないように気を付けるようにしなければなりません。

また高齢者は身体機能が加齢とともに低下していることから火事に気付いた時にはすでに逃げ遅れてしまうケースも多くあります。

そのため寝たばこはしない、暖房器具の側に燃えやすいものを置かないなどを意識して火事を予防してください。


2016年12月26日 9:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop