食費を節約するコツは?出費を抑えるには食費節約が大活躍!
節約と言ってまず思いつくのは食費ではないでしょうか。

光熱水費や車の維持費などの見直しももちろん節約には大切ですが食費を節約する方が効果を出しやすく継続しやすいです。

その理由と食費節約のコツをご紹介しましょう。

食費節約に役立つものとは?

食費を節約するコツは?出費を抑えるには食費節約が大活躍!についてのイラスト 食費を節約するにはまず自炊することが前提となります。
惣菜を購入するとどうしても材料費よりも高くなってしまうことが多いので食費を節約することができません。

次に自炊する材料を見直してみましょう。

例えば生姜焼きを思い浮かべて下さい。
お肉だけ焼いてしまうとお肉が沢山必要になりお肉代が高くなってしまいますが、そこに玉ねぎやニンジン、ピーマン、もやしなど家にある野菜を入れてみたらどうでしょう。

ボリュームも増え栄養も高くなります。
このように高い材料の時は何か安く手に入るものや家にあるものを代用することで食費を抑えることができます。

同じ方法で魚料理でもすることができます。鮭の味噌焼きも魚だけは値段も高く量も少ないですが、玉ねぎやネギ、もやしなど入れてボリュームを増やすことで満足感も得られお財布にも優しいです。これが食費節約のコツになります。

食費節約で役立つ食材はもやし、豆腐、鶏むね肉、ちくわ、はんぺんなどが代表的です。

この材料でインターネット検索すると節約料理としてレシピが紹介されていますので参考にして下さい。

食費節約中はコンビニに注目!

食費節約だとスーパーに行くイメージですが、最近のコンビニはプライベートブランドの商品や少量の野菜などを一定の値段で販売しているので一人暮らしなど少人数の家庭や、足りない材料を買いに行くだけならスーパーよりもコンビニで済ませた方がいらないものを買う心配もないので節約につながります。

最近は野菜が高騰しているのでコンビニの方が安く手に入ることもあります。
しかもカットしてあったりするので包丁を使う必要もなくすぐ使うこともできるのもコンビニのメリットです。

食費節約で大切なこと!

大量に購入して小分け冷凍なども方法の一つですが、それはとても高度で材料費も高く、材料が無駄になってしまうこともあります。

それでは続けていくことも難しいです。
まずは材料を全て使いきることを目標にし、そしてどれか一種類でも安い食材を混ぜて調理するようにして下さい。

それだけで食材を無駄にすることもなく、必要なものだけを購入するようになるのでだいぶ節約できるはずです。

光熱水費は我慢したり、暖房を節約して風邪をひいてしまうこともありますが、食費節約は食べないのではなく代用品を使用することで安く、栄養も高くなるのでいいことずくめです。

是非試してみて下さい。


2016年12月18日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop