児童クラブの待機児童の原因は数が少ないことだけなのか
シルバー人材センターが市からの委託を受けて児童クラブを運営することになりました。
このシルバー人材センターが運営するケースは全国で珍しいそうです。

この取り組みをしている市では児童クラブの待機児童は0だそうです。
しかし他の自治体を見てみると児童クラブの定員超過などで待機児童がいることが分かりました。

なぜ、保育園の待機児童のように児童クラブでも同じような待機児童が出てしまう原因は何があるのでしょうか。

児童クラブの待機児童

児童クラブの待機児童の原因は数が少ないことだけなのかについてのイラスト 共働きで核家族の場合は主に保育園に預けながら働いている母親が多いと思います。
保育園では延長保育などが充実していることが多いので、残業で遅くなってしまった時でも保育園が見てくれているでしょう。

しかし卒園し、小学校に入学すると決められた時間には学校が終わり一人で過ごす時間が出てきます。その時に子供も親も不安なく放課後を過ごすことができるのが学童保育なのです。

しかし 働く母親が増えてきたことで不足してしまっています。
そのため、学童保育における待機児童が発生しています。

年々待機児童は増えてきています。そのため政府も学童保育を増やし対応できるようにしているのですが、まだまだ不十分です。 

待機児童になってしまう原因とは

待機児童が増えているのにはどのような原因があるのでしょうか。

まずは女性の働き方の変化です。一昔前までは女性が結婚したら仕事を辞めて専業主婦という考え方が当たり前でした。しかし今は女性の社会進出も進み、働きながら子育てをする母親も増えています。

また、学童保育の利用できる学年が全学年に変更になりました。そのため、今までは3年生までで学童保育を終えていた子供たちを継続して預けるようになったことも待機児童が増えている原因と言えるのではないでしょうか。

学童保育を増やし、待機児童を減らすことは 女性の活躍を後押しすることになると思います。

そのため、今回の記事で紹介されていたことのようにシルバー人材センターなどの人材を活用していくのも良い取り組みであると感じます。

まとめ

ここまではワーキングマザーの視点で考えました。
この考え方に反対する人も多いでしょう。しかし、今女性でもキャリアを積んで社会で活躍したいと思っている人が多いと思います。

子育てに専念したい人、仕事しながら育児もしたい人など千差万別です。
どのような考え方の人でもそれぞれ皆が不安なく子育てを楽しめるような環境を作り上げていけるように政府を中心に行って欲しいなと思います。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop