耐震シェルターで生活に安心を! 自治体からの補助金も
甚大な被害をもたらした熊本地震。
今なお、避難所での不自由な生活を強いられている人が多くいます。その中で倒壊した自宅に閉じ込められて命を落とす、重傷を負うといったようなことも発生しています。

そのような中、耐震シェルターというものが注目されています。
これは自宅の一部分を耐震化し、家屋の倒壊から命を守ってくれるものです。
価格は25万円程度からあり、自治体によっては補助金を出しているところもあるようです。

耐震シェルターとは一体

耐震シェルターで生活に安心を! 自治体からの補助金もについてのイラスト 地震では建物の倒壊が起こります。その際に閉じ込められる、下敷きになるということで命を落とすなどの危険があります。この耐震シェルターはこうした建物の崩壊から身を守るために開発されたものです。

耐震化するスペースにもよりますが25万円程度から耐震シェルターが設置できるそうです。最も小さいものでシングルベッドが丸ごとカバーされるものからあり、1階全体を耐震化するというものもあり、価格は300万円ほどになっています。

自治体によってはこの 耐震シェルター設置に補助金を出しているところもあります。

耐震シェルターの効果とは

耐震シェルターは地震などの時に建物が倒壊した場合に、ベッド回りないし一部屋、1回全体の倒壊を防ぐものになります。
この耐震シェルターを設置することにより自分自身の命や家族の命を守ることができます。

また耐震シェルターの種類によってはベッド周りを守るものもあります。
地震の時に倒壊しそうだと家の外に逃げる時に一人で動くことができない人と一緒に避難するのは難しいですが、ベッド周りの耐震シェルターを設置することで 万が一逃げることができなくても命を守ることができます。

また就寝中はとっさの判断ができずに逃げ遅れてしまうことも考えられます。
その場合に寝室に耐震シェルターを設置しておくことで命を守ることができます。

まとめ

耐震シェルターというものを今回の記事で初めて知りました。
私が住んでいる地域でも大きな地震がありました。幸いにも自宅の倒壊はなかったのですが大きな揺れと共に「家が壊れるのではないか」という恐怖が強くあったのを覚えています。

今は耐震化が進められていますが、昔ながらの住宅ではまだ耐震化ができていないところが多いでしょう。そのような時に家を建て替える、大きな改修をする必要がない耐震シェルターこそ需要が多くなるのではないでしょうか。

自治体でも補助しているところがあるのでお住まいの自治体に確認し、「備えあれば患いなし」で設置しても良いのかもしれません。


  • 気になる介護ニュース
    アクセスランキング

    Sorry. No data so far.

    入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop