ボランティアの重要性!高齢化社会には助け会いが必要不可欠!
高齢者の一人暮らしは年々多くなっています。常に一人でなくても日中家族がいない時は一人になるという方を含めると益々多くなるでしょう。話し相手がいないの寂しいものです。その時に話し相手になるボランティアを整備しようとしている自治体も出てきました。

高齢者に対してのボランティアとは

ボランティアの重要性!高齢化社会には助け会いが必要不可欠!についてのイラスト 訪問介護では掃除や洗濯、食事の準備などの家事のお手伝いや、入浴や排泄の介助などの身体介護を行っています。しかし、訪問介護のサービスでは対応できない事柄もあります。その時にボランティアが高齢者宅を訪問し、介護保険の訪問介護を利用できない場合でも話し相手であったり散歩の同行などの提供をすることで高齢者の手助けになります。また、一人暮らしの見守りや安否確認にもなり孤独死を防ぐことができます。
このボランティアの制度は自分たちの住む自治体で整備されているのかを知ると同時に、介護支援専門員はもしボランティアが整備されているのであれば積極的に高齢者に紹介することも必要です。今後、要支援1・2のサービスの一部が市町村の事業になることが決まっているのでしっかりと整備することが必要です。また今から活動していることで高齢者にとってもスムーズに受け入れができるのではないでしょうか。

シルバー世代の活躍も期待できる

話し相手や散歩の同行などのボランティアに関しては、シルバー世代も十分対応可能な内容であると考えられます。定年退職後に家でゴロゴロと過ごしている人、専業主婦で子育てが終わり手が空いたなどの世代にとって活躍できる場です。そして訪問先の高齢者も年が近いボランティアが来てくれることで話も盛り上がり、気兼ねなく接することができるのではないでしょうか。そして人と接することで生きがいになり、元気に過ごすことができます。

まとめ

シルバー世代は私たちの生きてきた世の中を作り上げてきた世代です。人生経験も豊富で、知識もたくさん持っているでしょう。そのような人たちこそ活躍できる場があれば、慢性的に不足してる介護職員の手助けにも繋がります。そして私たちもいろいろと学ぶことができます。市町村のような大きな単位でももちろんボランティアの整備は必要ですが、地域ごとのボランティア整備も重要です。顔見知りの近所の人がボランティアで来てくれるだけで安心ですし、何かあった時にも対応がスムーズにいくのではないでしょうか。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop