高齢者自身に低栄養の自覚がない場合の対策は?
今、高齢者低栄養が問題になっています。
そして高齢者自身に自覚がない場合の対策はどうしたらいいのでしょうか。

高齢者が低栄養になる理由としては調理などの生活能力が低下すること、 健康志向になり肉や魚の摂取量が減少すること、加齢による食欲低下や消化能力の低下などが挙げられます。

増加している高齢者の低栄養

高齢者自身に低栄養の自覚がない場合の対策は?についてのイラスト 平成26年度版の国民健康・栄養調査が厚生労働省から発表されています。その調査結果では 17.8%の65歳以上のう高齢者に低栄養が見られているとの結果が出ています。

また80歳以上になると4~5人に1人は低栄養になっているとされています。

一見元気そうな高齢者でも血液検査をすると血中のアルブミンと呼ばれる成分が低下していることがあります。

このアルブミンはタンパク質から作られるものであり、筋肉を始め血液などの働きに必要なものです。

このアルブミンが低下すると筋力低下や血管の老化などを引き起こしてしまうとされています。

アルブミンの減少は低栄養の指標となります。

高齢者の食生活では肉を食べる機会が少ないようです。「肉を食べるとこれステロールが上がるから控えている」という高齢者も少なくありません。

そのため毎日の食事では必要なタンパク質が摂取できておらず、アルブミンが減少する低栄養になっているのです。

どうしたら高齢者の低栄養を防ぐことができるのか

高齢者の問題となっている低栄養ですが、どうしたら予防することができるのでしょうか。

高齢者向けの栄養指導をしている栄養士は「肉を毎日食べるように」と高齢者に話をしているそうです。

しかし高齢者は健康を気にして肉を敬遠してしまうことが多いそうです。

昭和50年頃から成人病の原因として欧米化した食生活が挙げられました。

その中で肉を食べると肥満などの原因となるとされ、今でもメタボリックシンドローム予防のためにも肉は避けるようにと指導されているようです。

医師の指示で食事制限をしているケースは別としても「最近疲れやすい」「筋力が落ちてきた」と感じている高齢者であればむしろ肉は積極的に摂取するべきですが、そこまで 知識のある高齢者がいないことが現実で、健康を意識した偏食になってしまっているのです。

また同時に家族も高齢者の食事を消化の良いものにしようと配慮をするのではなく、体調や行動の様子を見ながら食事の内容を検討していくことが求められます。

まとめ

飽食の時代の現代でも低栄養の高齢者が存在している事実。

確かに加齢とともに脂っぽい食事ではなく、魚や野菜を中心にした食事を好む人が増えてきます。

しかしこの食事内容では低栄養になってしまうということを知った今、今日から食事内容を見直してみませんか?

肉は摂り過ぎなければ身体に悪栄養ではありません。
医師や栄養士と相談しながら自分に合った量を決めてしっかりと摂るようにしましょう。

そしていつまでも元気に生活できるようにしていきましょう。


2016年9月24日 9:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop