定年後の資格取得は危険!?望ましい行動とは!?
定年後再就職に有利にしたいと、資格取得を考えている方もいるのではないでしょうか?
しかし定年後に資格取得しても実務経験がないと採用される可能性は高くありません。

高い費用をかけて資格取得しても生かすことができずに宝の持ち腐れというよう状況になってしまってももったいないですよね。

定年後の再就職に向けての心構えは資格取得だけではないということを意識しておきましょう。

定年後の資格取得、あまり意味がない?

定年後の資格取得は危険!?望ましい行動とは!?についてのイラスト 定年後の資格取得を考えている方、いませんか?

再就職する上で役立ちそうな資格の勉強をし、資格取得するということは一見意味がありそうなことなのですが、実は資格取得をしたとしても再就職できる可能性が高くなるとは言えないそうです。

なぜなら、定年後に資格取得したとしても実務経験がない状態で再就職することになります。
しかし多くの企業などは即戦力として資格取得者を採用したいと思っています。

さらに定年後であり、前職が関係のない仕事であればさらに採用する企業はかなり少なくなると考えられます。

一方、医師や看護師、弁護士などの資格を持っている、企業が求める経験がある方は比較的定年後も採用されることが多いとされています。

安心した老後を過ごすためには

資格取得がそれほど定年後の再就職に意味がないということが分かりましたが、やはり定年後の生活が不安ですよね。

年金に関する問題もあり、年金だけで悠々自適に生活ができるという方はそれほど多くないでしょう。

もし定年後も働き続けたいという場合には、仕事を選ばないという気持ちが大切です。
身体に負担がない事務職などを希望する方などが多いのですが、好条件のものはあまりありません。

そのため、今までの人生経験を生かすことができる仕事をお勧めします。

例えば掃除や調理などの訪問ヘルパーや家事代行サービス、介護補助の仕事などは特殊なスキルを必要としません。

そして年齢関係なく、活躍できるのもポイントです。

まとめ

仕事を選んでしまうとなかなか希望する条件の求人は見つかりません。

医師や弁護士などの特殊な資格があれば別ですが、それまでの経験を買ってくれている職種以外でなければ選択する仕事の幅は狭まります。

しかし定年後だからこそ、それまでの人生経験を生かして働くということが仕事を見つけるポイントになります。
専業主婦出会った方でも家事代行サービスなどで活躍している方も多くなっています。

そうしたことも理解した上で、いつまでも元気に働き続けることができる仕事を見つけるようにしたいですね。


2017年10月11日 17:00


  • 気になる介護ニュース
    アクセスランキング

    Sorry. No data so far.

    入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop