定年退職後の収入は?高齢者でも現役社会人
定年退職後高齢者たちはどのようにして収入を得るのでしょうか。 年金が受給できるといっても微々たる金額で楽な生活はできないでしょう。 現代の生活習慣や医療の進歩によって60歳を過ぎてもまだまだ元気な方が多くなってきました。

しかし定年制を多くの企業が取っていることもあり、60歳を超えると働くことなく家で過ごす人も多いのではないでしょうか。 これからは超高齢化社会になると言われています。

さらに少子化も進んでいるためこのまま60歳定年制度の継続などにより将来的に働き手が不足し、日本の経済自体が破綻してしまう可能性も危惧されています。

日本の現状

定年退職後の収入は? 定年退職後も現役社会人についてのイラスト 日本では60歳定年という制度を持つ企業が多くあります。まだまだ元気で問題なく仕事に取り組めたとしても60歳になると会社を退職しなければなりません。

延長雇用で働ける場合はまだいいのですが、再雇用がない場合は再就職のハードルも高くなります。

60歳までその職種で一生懸命働いていたため、いざ定年後に再就職するとなった時再就職先を探すのはかなり難しいものです。

しかも60歳を超えているという年齢のハードルもあり容易に再就職はできない状況です。

働く意味とは

「なぜ働くのか」と問われた時に何を思い浮かべるでしょうか。
安定した生活のためなのか仕事を生きがいにしているのか…など人それぞれで理由は異なるでしょう。
働くということは人間にとって自立も意味しています。

自分で働き収入を得る、そして生活をするという経済的な自立の他に、人に頼らないといった 精神的な意味の自立もあります。

定年退職しても「まだまだ子供の世話にはならない」と思っている人も多くいるでしょう。
その方たちはきっと経済的にも精神的にも自立したいと感じているのかもしれません。

これからの高齢者の働き方

業種によっては60歳以上では身体的・精神的に働くことができないものもあります。
しかし、年齢を重ねているからこそできる職種もあるのです。
今慢性的な人材不足に悩まされている介護業界では60歳以上でもまだまだ働くことができます。

むしろ介護される側から見た時、若い世代よりも年を取っている世代の方が話しやすく親しみやすいといった声も聞かれています。 そして家事などの援助をする場合でも、経験豊富な方が重宝されることも多く、定年退職後もまだまだ活躍できる場であるのです。

実際75歳でも現役の介護さんがいました。
高齢者からも人気があり、職員も教えてもらうことが多くありとてもありがたい存在です。

また、シルバー人材センターでは定年退職後の世代よりももっと年上の後期高齢者の世代の人が多く活躍しています。草取りや冬囲いなどの無理のない範囲の仕事があります。

定年した後まだ働けると感じたら相談してみるのもいいかもしれません。



  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop