共同住宅に低所得高齢者を!そもそも、共同住宅とは?
一人暮らしの高齢者は、住居の問題があります。
家賃の問題だけではなく、保証人や死亡時の対応などのため、賃貸住宅を借りることすら難しいことが少なくありません。

共同住宅定義とはどういうものなのでしょうか?

共同住宅とは?

共同住宅に低所得高齢者を!そもそも、共同住宅とは?についてのイラスト 共同住宅とは、 同じ建物の中に何世帯もの人たちが同時に住むことができる場所のことを指します。

同じ部屋に何世帯も住んでいるのではなく、壁や床が区切られていて、世帯ごとに出入り口が設けられている建物のことです。

同じような言葉で、集合住宅があります。こちらは長屋などがそれに当たります。

老齢基礎年金だけの収入は、月あたり約65000円です。

これで家賃を含めた生活費を賄うのは厳しいものがあります。

ましてや、一人暮らしとなると、保証人の問題もあり、住む場所を確保することすら厳しいのです。

しかし、人口減少傾向にある現代では、マンションなどの共同住宅にも空室が目立つところも少なくありません。

そこで考えられたのが、空き部屋を利用した高齢者向けの共同住宅の運営なのです。

高齢者の共同住宅

福岡県の高齢者を中心につくる非営利民間組織「九州シルバー会」が低所得高齢者に住居を提供する共同住宅の運営を始めました。

マンションなどの長期にわたって空室になっているところをシルバー会が借主をなります。

そこで対象の高齢者に住んでもらい、食材なども共同購入することで生活費を抑え、高齢者が抱いている経済的、精神的不安解消にもつなげていきたいとしています。

入居者には、年金証書など収入を証明する書類の提出のほか、共同生活のマナーが守れるかどうかを面接します。

それぞれに室内にはキッチンがありますが、食事は入居者が共同で作ることも検討しています。

入居者同士が顔を合わせる環境をつくることで、 お互いの健康管理と安心感を得ることに役立てたいとしています。

まとめ

介護が必要な高齢者は、介護施設などの入居を検討できますが、自立している低所得の高齢者では住居すらままならない人も少なくありません。

マンションなどの空室を利用しながら共同生活をすることで、プライバシーを保ちながら、安心した生活ができるといった一挙両得といった面もあるのではないかと思います。

これからの高齢者の新たな生活手段の一つになればと期待します。


2016年9月15日 15:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop